最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Simulink 入門

Simulink ライセンスに含まれる 3 時間の対話型トレーニング コース

説明

Simulink® の基本的な機能をすぐにご利用いただけるよう、Simulink 入門は自己学習形式の対話型チュートリアルを提供します。

Simulink 入門を修了すると、動的システムをシミュレートし、基本の信号解析を実行する Simulink モデルを作成、変更、およびトラブルシューティングできるようになります。

概念を段階的に学習できるよう、Simulink 入門では実践的な演習を使用します。タスクを送信した後に、自動化された評価とフィードバックが送られてきます。アプリケーションを終了した場合は進行状況が保存されるので、複数のセッションに分けてトレーニングを修了することができます。

Simulink 入門は次のトピックをカバーしています。

  • Simulink ブロックと信号

  • シミュレーション中の信号値の可視化

  • アルゴリズムの算術演算子と論理演算子

  • ドキュメンテーションのヘルプの利用

  • Simulink での MATLAB® 変数および関数

  • Simulink の動的システム

  • 離散時間システム

  • 連続時間システム

  • シミュレーション期間

Simulink 入門では、以下のプロジェクトを使って学習した内容を練習できます。

  • 自動車性能モード

  • サーモスタットのモデル化

  • ハヤブサの急降下

Simulink 入門 を開く

  • Simulink スタート ページで、Simulink 入門ボタン をクリックします。

  • Simulink ツールストリップのクイック アクセス ツール バーで、[ヘルプ][Simulink の学習] をクリックします。

  • MATLAB コマンド プロンプトで learning.simulink.launchOnramp('simulink') と入力します。

R2019a で導入