Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

Finder

Simulink モデル、ライブラリ、サブシステムで値を検索し、必要に応じて置換する

説明

Finder を使用して、入力した検索文字列が含まれる要素を Simulink® モデル、ライブラリ、サブシステムで検索します。

検索では、要素内の任意の場所の文字列 (名前またはパラメーター値など) と照合できます。検索をカスタマイズして、特定のタイプの要素のみを探したり、特定のパラメーター設定の要素のみを検索したりできます。

検索結果から、要素を選択して移動できます。見つかった検索文字列のインスタンスを別の文字列と置き換えることもできます。

既定では、Finder は現在のシステム、参照モデル、リンク付きブロック、マスクされたサブシステムで、すべてのモデル要素の大文字と小文字を区別しない部分一致または完全一致を検索します。

Finder

Finder を開く

  • Simulink ツールストリップの [モデル化] タブで [検索] をクリックします。

  • Simulink クイック アクセス ツール バーで、[検索] ボタン Find button をクリックします。

    [検索] ボタン Find button がクイック アクセス ツール バーにない場合は、[共通のコントロール] ボタンをクリックして、[検索] チェック ボックスをオンにします。

  • Simulink エディターが選択された状態で、Ctrl + F キーを押します。

すべて展開する

この例では、sldemo_fuelsys モデルの最上位レベルを検索し、数値 2 を含むモデル要素を見つけます。

  1. モデル sldemo_fuelsys を開きます。

    sldemo_fuelsys
  2. Finder を開きます。[モデル化] タブで [検索] をクリックします。

  3. [検索範囲を変更します] Change the search scope button ボタンの矢印をクリックして [Search this level only] を選択します。

  4. 検索ボックスで、「2」と入力します。

    検索文字列が含まれるモデル要素がテーブルに表示されます。テーブルの最初の要素が選択されます。

  5. 次の要素に移動するには、下矢印 Arrow to the right of the search bar をクリックします。

  6. 上下矢印を使用して、検出された残りの要素間を移動します。または、テーブルをスクロールし、要素をクリックして選択します。

検索によって返された結果があまりに多い場合は、検索の詳細設定を使用して検索を絞り込みます。

詳細検索設定では、以下を実行できます。

  • ブロック、注釈、信号など、関心のある要素のみを含める。

  • ブロック パラメーター値を検索から除外する。

  • 大文字小文字を区別する一致を検索する。

  • 完全一致を検索する。

  • 正規表現を使用して検索する。

  • マスク サブシステム、リンク付きブロック、参照モデルを検索から除外する。

  • BlockDescription または BlockType などのプロパティ値を基づいて検索する。

この例では、sldemo_fuelsys モデルで文字列 speed が含まれるすべての要素を検索します。次に、[詳細設定] ペインを使用して結果を絞り込みます。

  1. モデル sldemo_fuelsys を開きます。

    sldemo_fuelsys
  2. Finder を開きます。[モデル化] タブで [検索] をクリックします。

  3. 検索文字列を入力します。たとえば「speed」と入力します。

    検索文字列が含まれるモデル要素がテーブルに表示されます。テーブルの最初の要素が選択されます。

    または、検索設定を指定した後に検索文字列を入力できます。

  4. [詳細設定] ボタン Advanced settings button をクリックします。

    [詳細設定] ペインが開きます。

    The Advanced Settings pane appears with options to specify object types, search criteria, what to look inside, and property values.

  5. 必要な詳細設定を指定します。たとえば、[プロパティ : 値] セクションで、[BlockDescription][BlockType] に変更します。対応するテキスト ボックスで、「Constant」と入力し、[プロパティと値を追加] ボタン Add property and value をクリックします。

    メモ

    リストにないプロパティに基づいて検索する場合は、[プロパティ : 値] セクションで [Other] を選択してから、そのプロパティのプログラム上の完全な名前を入力します。プログラム上の名前を調べるには、プロパティ インスペクターでプロパティ上で一時停止します。プロパティ名に正規表現や部分一致は使用できません。

  6. [検索] をクリックし、更新された検索条件に一致する結果を検索します。

既定の詳細設定に戻すには、[リセット] をクリックします。

Finder を使用してテキストを検索および置換できます。

検索結果で置換をサポートするには、次のようにします。

  • フィールドの書き込みアクセス権限がなければなりません。

  • フィールド値は検索実行時と同じでなければなりません。

  • テキストの書式設定はプレーンでなければなりません。

この例では、sldemo_fuelsys モデルで文字列 rad を検索し、raddeg で置き換えます。

  1. モデル sldemo_fuelsys を開きます。

    sldemo_fuelsys
  2. Finder を開きます。[モデル化] タブで [検索] をクリックします。

  3. 検索ボックスで、検索文字列を入力します。たとえば「rad」と入力します。

    検索文字列が含まれるモデル要素がテーブルに表示されます。

  4. 検索ボックスの左側で、[検索] ボタンの矢印をクリックし、[置換] を選択します。

    置換オプションが Finder に表示されます。

  5. [置換] ボタンの横にあるテキスト ボックスに、置換文字列を入力します。たとえば「deg」と入力します。

  6. 置換するインスタンスを選択してから、[置換] をクリックします。

    The Finder shows four results for "rad" in the sldemo_fuelsys model hierarchy. The first result has "rad" replaced with "deg," and the second result is selected.

    または、[置換][すべて置換] をクリックし、見つかった文字列のすべてのインスタンスを置換します。

    メモ

    置換操作が完了する前に停止する場合、完了した置換は元に戻りません。

  7. モデルで置換を表示するには、置換された要素に対応する行をダブルクリックします。

置換を元に戻すには、別の検索を実行する前に元に戻すか、Finder を終了しなければなりません。置換を元に戻すには、元に戻すインスタンスを選択して、[元に戻す] をクリックします。または、[元に戻す] ボタンの矢印をクリックして [すべて元に戻す] を選択します。Finder は逆置換を適用し、元の値を復元します。

関連する例

ヒント

  • 検索の開始点を選択するには、モデル ブラウザーを使用します。

  • モデル内の要素に移動して選択するには、リスト内の項目をダブルクリックします。

  • 検索条件に一致するすべてのモデル要素を検索するには、検索ボックスにアスタリスク (*) を入力します。

  • コロンが含まれる文字列を検索するには、バックスラッシュを使用してコロンをエスケープするか (たとえば Earth\: a planet)、表現の前後に一重引用符または二重引用符を使用します (たとえば 'Earth: a planet' または "Earth: a planet")。

  • 検索結果は検索を実行しながら操作できます。ただし、結果の並べ替えは検索の完了後しか実行できません。

  • 検索を停止し、途中までの検索結果を表示するには、Finder で [停止] ボタンをクリックします。

  • テーブルの表示オプションは、[名前] 見出しで一時停止して、表示される矢印をクリックします。メニューには結果の展開、折りたたみ、並べ替えオプションが提供されます。別の列に基づいてテーブルを並べ替えるには、対応するテーブル見出しで一時停止し、表示される矢印をクリックします。

R2016b で導入