Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

Simulink.ProtectedModel.suppressSignatureVerification

保護モデルのデジタル署名の検証を抑制

    説明

    Simulink.ProtectedModel.suppressSignatureVerification(protectedModel) は、モデル protectedModel の署名が検証されていないかどうかを示すエラーを非表示にします。ただし、署名後に保護モデルが変更された場合はエラーを非表示にしないことに注意してください。この場合、保護モデルを使用することはできません。

    Simulink.ProtectedModel.suppressSignatureVerification(protectedModel,suppressionSetting) は指定するモデルの抑制を無効または有効にします。署名の検証を再度有効にするには、suppressionSetting に対して false を指定します。すべての保護モデルに対する署名の検証を有効にするには、model 引数に対して 'All' を指定します。すべてのモデルに対する検証を一度に抑制することはできません。

    すべて折りたたむ

    保護モデルに対するデジタル署名の検証を抑制します。

    myProtectedModel という名前の保護モデルに対する署名の検証を無効にします。

    Simulink.ProtectedModel.suppressSignatureVerification('myProtectedModel.slxp');

    開くすべての保護モデルでデジタル署名の検証を有効にします。

    Simulink.ProtectedModel.suppressSignatureVerification('All',false);

    以前に個別の保護モデルに対する署名の検証を抑制した場合は、これらのモデルに対する検証が再度有効になります。

    入力引数

    すべて折りたたむ

    デジタル署名の検証を抑制する保護モデル。文字ベクトルまたは string スカラーとして指定します。すべての保護モデルに対する署名の検証を再度有効にするには、この引数に対して 'All'、2 番目の引数に対して false を指定します。すべての保護モデルに対する署名の検証を一度に抑制することはできません。

    例: 'myProtectedModel.slxp'

    例: 'All'

    指定されたモデルに対するデジタル署名の検証を抑制するかどうか。数値または logical の 1 (true) または 0 (false) として指定します。

    R2020b で導入