ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

高速なシミュレーションのためのシミュレーション ビルドの共有

Simulink アクセラレータ ターゲット、ラピッド アクセラレータ ターゲットまたは参照モデルシミュレーション (SIM) ターゲットをビルドするモデルにシミュレーション ビルドを再利用できます。最初にこのモデルをシミュレーションしたときまたはこのモデルのブロック線図を更新したときに、ビルド プロセスでビルド アーティファクトを格納する Simulink® キャッシュ ファイルを作成します。Simulink では以下が作成されます。

  • 最上位モデル用の Simulink アクセラレータ ターゲット

  • 最上位モデル用のラピッド アクセラレータ ターゲット

  • モデルの階層構造内にアクセラレータ モードのインスタンスを 1 つ以上含む参照モデル用の SIM ターゲット

モデルの階層構造で、これらのターゲットを生成する各参照モデルには関連付けられたキャッシュ ファイルがあります。キャッシュ ファイルの名前は、モデルの名前にファイル拡張子 .slxc を加えたものになります。各プラットフォーム上でキャッシュ ファイルを作成した後で、別のプラットフォーム上で同じキャッシュ ファイルを使用できます。キャッシュ ファイルを使用して、以下を実行できます。

  • ビルドの実行者または他のユーザーが後で使用するときの初回のビルドを高速化する。

  • 並列シミュレーションを高速化する。

  • [リビルド] コンフィギュレーション パラメーターを [行わない] に設定することに関連した手動による更新を回避する。この設定によって、SIM ターゲットのビルドとキャッシュ ファイルの更新が回避されます。

モデルを変更した後に、ブロック線図を更新したり、シミュレートする場合、Simulink では、モデルの [リビルド] 設定に基づいてリビルドするかどうかを判断します。リビルドする場合、Simulink はディスク上のビルド アーティファクトとキャッシュ ファイルを更新します。

Simulink キャッシュ ファイルの保存

Simulink では、キャッシュ ファイルは [シミュレーション キャッシュ フォルダー] 設定で指定したフォルダーに保存されます。既定の場所を変更できます。モデルでキャッシュ ファイルを使用するには、MATLAB® パス上にキャッシュ ファイルを保存します。キャッシュ ファイルのバージョンを維持するには、次のようにします。

  • バージョン制御システムを使用します。

  • キャッシュ ファイルを [シミュレーション キャッシュ フォルダー] 設定で指定したフォルダーの外に手動で移動する。

  • リビルドを行う前に、[シミュレーション キャッシュ フォルダー] 設定とは別のフォルダーを指定する。

Simulink キャッシュ ファイルの共有

Simulink キャッシュ ファイルをチーム メンバーの間で共有すると、モデルを使用するときに初回ビルドのオーバーヘッドを省くことができます。Simulink プロジェクトを使用する場合、以下を実行できます。

  • 古くなったターゲットを特定し、[Simulink プロジェクト] タブの [共有] ボタンを使用して共有操作内にキャッシュ ファイルを含める。

  • キャッシュ ファイルを表示し、[依存関係の解析] ノードをクリックして、プロジェクト ツリーで不足しているキャッシュ ファイルを強調表示する。

Simulink プロジェクトを最上位モデルから作成する場合、プロジェクトにはモデルおよびその参照モデルに関連付けられたキャッシュ ファイルが含まれます。

Simulink プロジェクトを使用しない場合は、キャッシュ ファイルを共有の場所に保存するか、キャッシュ ファイルを電子メールに添付できます。古くなったキャッシュ ファイルを誰かと共有する場合、その人がモデルをシミュレーションすると、Simulink でそのファイルのリビルドが必要なことが検出されます。

Simulink キャッシュ ファイルの使用

モデル参照を使用する大規模モデルをチームで開発する場合、Simulink キャッシュ ファイルは同期や設計ワークフローに役立ちます。たとえば、以下のモデル開発環境があるとします。

  • 20 人のチームが 100 のモデルを含むモデルの階層構造で作業する。

  • すべての参照モデルはアクセラレータ モードでシミュレーションを実行する。

  • チームは開発用の 1 つのプラットフォームを使用する。

  • チームではモデルに対してソース管理システムを使用する。

チームは、以下のワークフローで Simulink キャッシュ ファイルを使用します。

  1. 並列ワーカー マシンのプールで、モデルと Simulink キャッシュ ファイルの最新バージョンを使用して、モデルの階層構造のブロック線図を更新します。チームはソース管理システムにモデルを保存し、共有の場所に Simulink キャッシュ ファイルを保存します。

  2. ブロック線図を更新した後、チーム メンバーはリポジトリ内の更新されたモデルと Simulink キャッシュ ファイルにアクセスできます。

  3. チーム メンバーは、完全なモデルの階層構造のすべてのモデルと Simulink キャッシュ ファイルの最新バージョンをリポジトリから取得します。

  4. チーム メンバーは階層内の最上位のモデルを開き、そのモデルのシミュレーションを実行します。シミュレーション中、Simulink はキャッシュ ファイルから必要なアーティファクトを抽出します。シミュレーションはビルドなしに開始されます。

  5. チーム メンバーは階層構造内の一部のモデルに変更を加えてシミュレーションを行います。モデルは必要に応じてリビルドされます。ブロック線図を更新している間に、Simulink では必要に応じてこれらのモデルのキャッシュ ファイルが更新されます。

  6. チーム メンバーは、変更されたモデルをサブミットしてリポジトリに変更をコミットします。

  7. 並列ワーカー マシンのプールで、リポジトリ内のモデルの階層構造の最新バージョンがビルドされます。

  8. すべてのモデルとキャッシュ ファイルの最新バージョンを取得します。

  9. 最上位モデルのシミュレーションを実行します。Simulink は、ビルドせずにキャッシュ ファイルから必要なアーティファクトを抽出します。

関連するトピック