Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

解析を高速化するための Simulink キャッシュ ファイルの共有

迅速な Simulink® Design Verifier™ 解析のために Simulink を共有できます。モデルを解析するときに、Simulink Design Verifier は、互換性チェックを行い、モデル表現情報を含む Simulink キャッシュ ファイルを作成します。モデルで変更がない場合、Simulink Design Verifier は、互換性チェックを再度行わずに Simulink キャッシュファイルのモデル表現を再利用します。詳細については、シミュレーションを高速化するための Simulink キャッシュ ファイルの共有および解析用のモデル表現を参照してください。

Simulink キャッシュ ファイルの保存

Simulink キャッシュ ファイルは [Simulink 基本設定][一般] ダイアログ ボックスの [シミュレーション キャッシュ フォルダー] で指定された位置に保存されます。既定では、Simulink キャッシュ ファイルは現在の作業ディレクトリに保存されます。

Simulink キャッシュのファイル名は、ファイル拡張子が .slxc であるモデルのファイル名と同じです。

Simulink キャッシュ ファイルの再利用

Simulink キャッシュ ファイルを自分または他の人が今後使用するために再利用して、Simulink Design Verifier 解析を高速化できます。Simulink Design Verifier 解析を実行する際に、モデル表現の再作成のオプションに基づいてモデル表現を再作成するかどうかが決定されます。既定では、このオプションは [変更が検出された場合] に設定されていて、モデルに変更がない場合は Simulink キャッシュ ファイルのモデル表現が解析に再利用されます。

[モデル表現の再作成][常時] に設定されている場合またはモデルの変更が解析中に検出される場合、モデル表現が再作成され Simulink キャッシュ ファイルが更新されます。

メモ

Simulink キャッシュ ファイルは、作成されたリリースのモデル表現のビルドのアーティファクトを累積し、すべてのプラットフォームをサポートします。このキャッシュ ファイルは、リリース間の互換性をサポートしていません。

特定の Simulink キャッシュに含まれる情報については、Simulink キャッシュ ファイルをダブルクリックします。レポートには、サポートされているリリース、プラットフォームおよびモデル表現の情報が含まれます。

たとえば、チームが大規模なモデルの作業を行っていて、設計ファイルを管理するためにソース管理システムを使用しているとします。Simulink Design Verifier 解析の時間を削減するために、チームは次の手順に従います。

  1. 開発者は Simulink モデルの最新バージョンをソース管理システムから取り出します。

  2. Simulink Design Verifier テスト ケース生成解析を実行し、最新バージョンの Simulink キャッシュ ファイルをソース管理システムと共有し、生成されたテスト ケースをビルド アーカイブと共有します。

  3. テスト エンジニアは、モデルの最新バージョンと Simulink キャッシュ ファイルをソース管理システムから取り出します。また、既存のテスト ケースをビルド アーカイブから取り出します。

  4. 既存のテスト ケースを使用して、テスト ケースの拡張を同じモデルで実行します。変更がモデルで検出されない場合、Simulink キャッシュ ファイルのモデル表現が解析に再利用されます。詳細な例については、モデル表現の再利用による既存テスト ケースの拡張を参照してください。

    テスト エンジニアがモデルまたは互換性の結果に影響する Simulink Design Verifier オプションを変更すると、モデル表現は再作成され、Simulink キャッシュ ファイルは更新されます。モデル表現の再利用を活用する Simulink Design Verifier オプションの詳細については、解析用のモデル表現の再利用を参照してください。

関連するトピック

外部の Web サイト