Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

並列ビルドを使用した参照モデルの更新時間の短縮

大きなモデル参照階層があるモデルの場合、アクセラレータ モードで実行するように設定された並列参照モデルでビルドすることにより、ブロック線図の更新速度を上げることができます。Parallel Computing Toolbox™ ソフトウェアを使用して、MATLAB® ワーカーの並列プールに参照モデルのコード生成とコンパイルを分散できます。MATLAB Parallel Server™ ソフトウェアもインストールされている場合、コード生成とコンパイルを MATLAB Parallel Server 構成内のリモート ワーカーに分散できます。

参照モデルの並列ビルドを設定するには、次のようにします。

  1. モデルの階層構造の最上位モデルで [コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスを開きます。

  2. [並列モデルの参照ビルドを有効化] チェック ボックスをオンにします。

  3. MATLAB ワーカーごとに、クライアントの MATLAB 環境と一貫性のある MATLAB 環境を設定できます。[ビルドに対する MATLAB ワーカー初期化] ドロップダウン リストで、次のいずれかの値を選択します。

    • なし –– Simulink® は、ワーカーを初期化しません。

    • ベース ワークスペースをコピー – Simulink は、ベース ワークスペースを各 MATLAB ワーカーにコピーします。

    • 最上位モデルの読み込み –– Simulink は、各 MATLAB ワーカーに最上位モデルを読み込みます。

Parallel Computing Toolbox の並列基本設定 [Automatically create a parallel pool] が選択されている場合、MATLAB ワーカーの並列プールは自動的に開始されます。詳細については、並列基本設定の指定 (Parallel Computing Toolbox)を参照してください。

モデルを更新するときに、並列プールが実行されていない場合、MATLAB では、既定のクラスター プロファイルを使用してワーカーの並列プールが自動的に開きます。ワーカー クラスターの既定の動作を変更するには、クラスター プロファイルのプロパティを変更できます。並列基本設定を変更していない場合、既定のプロファイルは local です。並列基本設定を使用して、クラスターへのスケール アップ、プールの自動作成、推奨されるワーカー数などの並列動作を制御します。詳細については、クラスターの検出とクラスター プロファイルの使用 (Parallel Computing Toolbox)を参照してください。

並列計算の一般情報の詳細については、自動並列サポートを使用した MATLAB 関数の実行 (Parallel Computing Toolbox)を参照してください。

関連するトピック