Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

条件付き実行参照モデルのシミュレーション

条件付き実行参照モデル、または条件付きモデルのスタンドアロン シミュレーションを実行できます。スタンドアロン シミュレーションは、データ型、次元およびサンプル時間の点においてシミュレーション間で一貫したデータを提供するので、単体テストに役立ちます。条件付きモデルをシミュレートするには、ノーマル モード、アクセラレータ モード、またはラピッド アクセラレータ モードを使用します。

トリガー モデル、イネーブル モデル、トリガーおよびイネーブル モデル

トリガー モデル、イネーブル モデル、トリガー モデルおよびイネーブル モデルは、Trigger ブロックまたは Enable ブロックを駆動するために外部入力を必要とします。Trigger ブロックまたは Enable ブロックのダイアログ ボックスの [信号属性] ペインで、信号のデータ型、次元およびサンプル時間の値を指定します。

スタンドアロン シミュレーションを実行するには、[入力] コンフィギュレーション パラメーターを使用して入力を指定します。入力の指定方法の詳細は、信号読み込みの手法の比較を参照してください。Trigger ブロック入力および Enable ブロック入力に [入力] パラメーターを使用する場合、次の条件が適用されます。

  • トリガー入力またはイネーブル入力の最後のデータ入力を使用します。トリガーおよびイネーブル モデルの場合、トリガー入力の最後のデータ入力を使用します。

  • 入力値を指定しない場合は、ゼロが既定値として使用されます。

モデルを実行する信号を判断するために、データを記録できます。Trigger ブロックまたは Enable ブロックに対し、[ブロック パラメーター] ダイアログ ボックスの [メイン] ペインで [出力端子の表示] を選択します。

関数呼び出しモデル

関数呼び出しモデルをシミュレーションする場合、Model ブロックは関数呼び出しイベントを受信するときに自動的に実行されます。Stateflow® チャート、Function-Call Generator ブロックまたは S-Function ブロックは関数呼び出しイベントを提供できます。

また、可変ステップ ソルバーを使用して、特定の時間に出力を計算するようにモデルを設定できます。詳細については、可変ステップ ソルバーのためにエクスポートするサンプルを参照してください。

参考

ブロック

関連するトピック