Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

サブシステムをモデル参照に変換

この例では、モデル参照を使用するために、バスを含んでいるモデルの変換を自動化する方法を示します。

例の要件

この例の実行中、Simulink® は現在の作業ディレクトリにファイルを生成します。このディレクトリにファイルを生成したくない場合は、作業ディレクトリを、適切なディレクトリに変更する必要があります。

モデル例を開く

モデル例を開きます。このモデルには、簡単なカウンターをモデル化する Atomic Subsystem である Bus Counter が含まれています。

サブシステムをモデル参照に変換

Simulink.SubSystem.convertToModelReference を使用して、Atomic Subsystem をモデル参照に変換できます。その後、その入力引数に基づき、Subsystem ブロックが新しいモデルを参照する Model ブロックで置き換えられるか、または、他のモデルとして、Subsystem ブロックから導かれたモデルを参照する Model ブロックを含む一時的なモデルが作成されます。詳細は、Simulink ドキュメンテーションを参照するか、

help Simulink.SubSystem.convertToModelReference

を MATLAB® プロンプトで実行します。

変換の実行

以下のコマンドを実行して Bus Counter サブシステムを Model ブロックに変換できます。

Simulink.SubSystem.convertToModelReference(...
   'sldemo_mdlref_conversion/Bus Counter', ...
   'sldemo_bus_counter', ...
   'ReplaceSubsystem', true);

モデルをシミュレートしてモデルからコードを生成

Model ブロックを含んでいるモデルを更新およびシミュレートし、このモデルのコードを生成できます。

シミュレーション データのエクスポート

シミュレーションの時間、出力、状態、最終状態のデータのログを作成できます。ログは Dataset 形式を使用するように設定されています。

モデルを閉じてワークスペースをクリア

この例の実行中にワークスペースに追加されたモデルを閉じます

モデル参照変換アドバイザー

モデル参照変換アドバイザーを使用すると、変換を対話形式で実行できます。これを行うには、Simulink.SubSystem.convertToModelReference の呼び出し時に 'UseConversionAdvisor' パラメーターを 'true' に設定します。

アドバイザーには Subsystem ブロックを選択してアクセスすることもできます。[Subsystem ブロック] タブで、[変換]、[Model ブロック] を選択します。