Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

Simulink.ModelReference.refresh

Model ブロックの更新による参照モデルの変更の反映

説明

Simulink.ModelReference.refresh(modelBlock) は、指定された Model ブロックを更新して参照モデルへの変更を反映します。

すべて折りたたむ

[端子とパラメーターの不一致] コンフィギュレーション パラメーターが error に設定にされている親モデル内の Model ブロックをプログラムで更新します。

参照するモデルで無効になっている 2 つの Model ブロックが含まれるモデル例を読み込みます。参照モデル内の入力端子と出力端子の数が 1 から 2 に増加しました。

load_system('RefreshModelBlockModel');
Warning: Ports and parameters of Model block 'RefreshModelBlockModel/Model1' do not reflect changes in referenced model 'RefreshModelBlockMdlRef'. Refresh the Model block or revert the changes to the referenced model.
Warning: Number of input ports must match between Model block 'RefreshModelBlockModel/Model1' (1) and referenced model 'RefreshModelBlockMdlRef' (2).
Warning: Ports and parameters of Model block 'RefreshModelBlockModel/Model' do not reflect changes in referenced model 'RefreshModelBlockMdlRef'. Refresh the Model block or revert the changes to the referenced model.
Warning: Number of input ports must match between Model block 'RefreshModelBlockModel/Model' (1) and referenced model 'RefreshModelBlockMdlRef' (2).

Model ブロックの 1 つを更新します。

Simulink.ModelReference.refresh('RefreshModelBlockModel/Model');

更新された Model ブロックの端子の数が、参照モデルの端子の数と一致するようになりました。

更新された Model ブロックに参照モデルのすべての端子が表示され、他の Model ブロックには表示されないことを確認するには、親モデルを開きます。

open_system('RefreshModelBlockModel');

入力引数

すべて折りたたむ

更新する Model ブロック。文字ベクトルまたはハンドルとして指定します。

例: 'RefreshModelBlockModel/Model'

データ型: char | string | double

R2020a で導入