Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

Simulink.ProtectedModel.verifySignature

保護モデルのデジタル署名の検証

説明

Simulink.ProtectedModel.verifySignature(protectedModel) は保護モデルのデジタル署名を検証します。署名が有効でない場合、関数は、署名が無効である理由を示すエラーを返します。次のような場合、署名は無効です。

  • 署名後に保護モデルが変更された。

  • 保護モデルに署名が行われていない。

  • 保護モデルが期限切れの証明書で署名されている。

  • 保護モデルがパブリッシャーにより発行された証明書で自己署名されている。

  • 保護モデルが不明または無効な証明書で署名されている。

  • システムの証明書認証機関ストアの証明書が不明または無効である。

  • モデルが無効なキーで署名されている。

すべて折りたたむ

保護モデル signed_model_name のデジタル署名を検証します。

Simulink.ProtectedModel.verifySignature('signed_model_name.slxp')

保護モデルの署名が検証できない場合、関数はエラーを返します。

入力引数

すべて折りたたむ

署名済み保護モデルの名前。文字ベクトルまたは string スカラーとして指定します。

例: 'my_model.slxp'

R2020a で導入