Main Content

Simulink.BlockPath

完全に指定された Simulink ブロック パス

説明

Simulink.BlockPath オブジェクトは、モデルの階層構造が同じモデルを複数回参照する場合でも、モデルの階層構造内のブロックを一意に特定する完全に指定されたブロック パスを表します。

作成

関数 Simulink.BlockPath または gcbp のいずれかを使用して、Simulink.BlockPath オブジェクトを作成します。最後にクリックまたは読み込まれたブロックの Simulink.BlockPath オブジェクトを取得するには、関数 gcbp を使用します。

説明

bp = Simulink.BlockPath は、空の BlockPath オブジェクトを作成します。

bp = Simulink.BlockPath(blockpath) は指定された BlockPath オブジェクトのコピーを作成します。

bp = Simulink.BlockPath(paths) は指定された文字ベクトルまたは文字ベクトルの cell 配列から BlockPath オブジェクトを作成します。個々の文字ベクトルはモデルの階層構造の各レベルにおける 1 つのパスを示します。Simulink® はこれらの文字ベクトルに基づいて完全なブロック パスを作成します。

bp = Simulink.BlockPath(paths,subpath) はさらに、subpath 引数で指定する信号など、ブロックの個別のコンポーネントを指定します。

入力引数

すべて展開する

コピーする既存の BlockPath オブジェクト。BlockPath オブジェクトとして指定します。

ブロック パスの構築に使用するパス。文字ベクトルまたは文字ベクトルの cell 配列として指定します。

個々の文字ベクトルの指定は、最上位モデルから BlockPath オブジェクト作成を指定した各ブロックの順番で行います。

各文字ベクトルは、Simulink モデルにある 1 つのブロックへのパスとなっていなければなりません。ブロックは、次の要件を満たさなければなりません。

  • 単一モデルにある 1 つのブロック

  • 1 つの Model ブロック (最後の文字ベクトルは例外で、Model ブロック以外のブロックとなる場合もある)

  • 1 つ前の文字ベクトルで指定される Model ブロックで参照されるモデル内の 1 つのブロック

信号など、ブロックの個別のコンポーネント。文字ベクトルとして指定します。

プロパティ

すべて展開する

ブロックのコンポーネント。ブロック パスを提供する文字ベクトルとして指定します。たとえば、SubPath チャートを参照するロック パスの場合、チャートの信号は Stateflow® を用いて示せます。

例: 'gear_state.first'

データ型: char

オブジェクト関数

convertToCellブロック パスを文字ベクトルの cell 配列に変換
getBlockモデル参照階層にある単一のブロック パスを取得
getLengthブロック パスの階層レベル数の取得
open指定したモデル、ライブラリ、サブシステム、ブロックを開く
validateブロック パスが有効なブロック階層を示しているかを特定します。

すべて折りたたむ

ブロック パスの要素を示す文字ベクトルの cell 配列を使用して、bp2 という名前のブロック パス オブジェクトを作成します。

sldemo_mdlref_depgraph
bp2 = Simulink.BlockPath({'sldemo_mdlref_depgraph/thermostat', ...
'sldemo_mdlref_heater/Fahrenheit to Celsius', ...
'sldemo_mdlref_F2C/Gain1'})
bp2 = 

  Simulink.BlockPath
  Package: Simulink

  Block Path:
    sldemo_mdlref_depgraph/thermostat
      sldemo_mdlref_heater/Fahrenheit to Celsius
        sldemo_mdlref_F2C/Gain1

得られるブロック パスは、ブロック パスのモデル参照階層を反映したものになります。

R2010b で導入