Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

open

指定したモデル、ライブラリ、サブシステム、ブロックを開く

説明

open(bp) は、指定したモデル、ライブラリ、サブシステム、またはブロックを開きます。これは、現在のフォルダー ブラウザーでモデルやライブラリをダブルクリックするか、Simulink® エディターでサブシステムやブロックをダブルクリックすることに相当します。

open(bp,Name,Value) は、指定したモデル、ライブラリ、サブシステム、またはブロックを、追加のオプションで開きます。

すべて折りたたむ

モデルの階層構造内の参照モデルを表す Simulink.BlockPath オブジェクトを作成します。

load_system('sldemo_mdlref_depgraph')
bp = Simulink.BlockPath({'sldemo_mdlref_depgraph/thermostat', ...
'sldemo_mdlref_heater/Fahrenheit to Celsius'});

bp で指定される参照モデルをモデルの階層構造のコンテキストで開きます。

open(bp)

sldemo_mdlref_depgraph モデルを開きます。

sldemo_mdlref_depgraph

モデルの階層構造内の参照モデルを表す Simulink.BlockPath オブジェクトを作成します。

bp = Simulink.BlockPath({'sldemo_mdlref_depgraph/thermostat', ...
'sldemo_mdlref_heater/Fahrenheit to Celsius'})

bp で指定される参照モデルを新しいウィンドウで開きます。

open(bp,'OpenType','new-window')

入力引数

すべて折りたたむ

完全に指定されたブロック パス。Simulink.BlockPath オブジェクトとして指定します。このブロック パスは、モデルの階層構造が同じモデルを複数回参照する場合でも、モデルの階層構造内のブロックを一意に特定します。

名前と値のペアの引数

オプションのコンマ区切りされた Name,Value の引数ペアを指定します。ここで、Name は引数名、Value は対応する値です。Name は引用符で囲まなければなりません。Name1,Value1,...,NameN,ValueN のように、複数の名前と値のペアの引数を任意の順序で指定できます。

例: open(bp,'OpenType','new-window')

オブジェクトを新しいタブまたはウィンドウで開くオプション。'OpenType''current-tab''new-tab'、または 'new-window' で構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。このオプションは、Simulink.BlockPath オブジェクトで指定されるサブシステムまたはモデルが、それぞれ現在のウィンドウおよびタブで開くか、新しいタブで開くか、または新しいウィンドウで開くかを決定します。

データ型: char | string

ブロック マスクの下のオブジェクトを開くオプション。'Force''off' または 'on' で構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。この引数が 'off' に設定されている場合、関数はブロック マスクを開きます。この引数が 'on' に設定されている場合、関数はマスクの下のブロックのダイアログ ボックスを開くか、またはマスクされたシステムを新しいタブで開きます。これは [マスク内を表示] メニュー項目と同じことです。これにより、ブロック マスクにかかわらず Simulink.BlockPath オブジェクトが強制的に開かれます。

データ型: char | string

参考

オブジェクト

関数

R2019a で導入