Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

open_system

モデル、ライブラリ、サブシステム、ブロックのダイアログ ボックスを開く

説明

open_system(obj) は、指定したモデル、ライブラリ、サブシステム、またはブロックを開きます。これは、現在のフォルダー ブラウザーでモデルやライブラリをダブルクリックするか、Simulink® エディターでサブシステムやブロックをダブルクリックすることに相当します。

モデルとライブラリは新しいウィンドウで開きます。モデル内のサブシステムまたはブロックの動作はブロックのタイプおよびそのプロパティによって異なります。

  • OpenFcn コールバック パラメーターがある場合は、そのパラメーターが評価されます。

  • OpenFcn コールバックがなく、マスクが定義されている場合は、マスク パラメーターのダイアログ ボックスが開きます。

  • OpenFcn コールバックもマスク パラメーターもない場合は、オブジェクトが開きます。

    • 参照モデルは新しいウィンドウで開きます。

    • サブシステムは同じウィンドウの新しいタブで開きます。

    • ブロックの場合は、ブロック パラメーターのダイアログ ボックスが開きます。

特定のサブシステムまたはブロックを開くには、それを含むモデルまたはライブラリを読み込んでおかなければなりません。これを行わないと、Simulink からエラーが返されます。

2 番目の入力引数を指定することで、既定の動作をオーバーライドできます。

open_system(sys,'loadonly') は、指定したモデルまたはライブラリを Simulink エディターを開かずに読み込みます。これは、load_system を使用することに相当します。

open_system(sbsys,'window') は、サブシステム sbsys を Simulink エディターの新しいウィンドウで開きます。特定のサブシステムまたはブロックを開く前に、それを含むモデルまたはライブラリを読み込んでおきます。これを行わないと、Simulink からエラーが返されます。

open_system(sbsys,'tab') は、サブシステムを Simulink エディターの同じウィンドウの新しいタブで開きます。特定のサブシステムまたはブロックを開く前に、それを含むモデルまたはライブラリを読み込んでおきます。これを行わないと、Simulink からエラーが返されます。

open_system(blk,'mask') は、blk で指定したブロックまたはサブシステムのマスクのダイアログ ボックスを開きます。ダイアログ ボックスを開く前に、モデルまたは blk を含むライブラリを読み込みます。

open_system(blk,'force') は、マスク ブロックまたはマスク サブシステムのマスクの中を調べ、マスク内のブロックのダイアログ ボックスまたはマスク サブシステムを Simulink エディターの新しいタブで開きます。これは、[マスク内を表示] メニュー項目に相当します。特定のサブシステムまたはブロックを開く前に、それを含むモデルまたはライブラリを読み込んでおきます。これを行わないと、Simulink からエラーが返されます。

open_system(blk,'parameter') はブロック パラメーターのダイアログ ボックスを開きます。

open_system(blk,'OpenFcn') は、ブロックのコールバック OpenFcn を実行します。

すべて折りたたむ

f14 モデルを開きます。

open_system('f14')

f14 モデルを読み込みます。

open_system('f14','loadonly')

f14 モデルの Controller サブシステムを開きます。

load_system('f14')
open_system('f14/Controller')

f14 モデルを開き、Controller サブシステムを新しいタブで開きます。

f14
open_system('f14/Controller','tab')

サブシステムを独自の Simulink エディター ウィンドウに開きます。

open_system('f14')
open_system('f14/Controller','window')

sldemo_mdlref_basic で CounterA Model ブロックが参照するモデル sldemo_mdlref_counter を開きます。

open_system('sldemo_mdlref_basic')
open_system('sldemo_mdlref_basic/CounterA')

参照モデルは別の Simulink エディター ウィンドウで最上位モデルとして開かれます。参照モデルをモデルの階層構造のコンテキストで開くには、Simulink.BlockPath オブジェクトとともに関数 open を使用します。

Controller サブシステム内にある最初の Gain ブロックの [ブロック パラメーター] ダイアログ ボックスを開きます。

load_system('f14')
open_system('f14/Controller/Gain')

ブロックの OpenFcn コールバックを定義し、ブロックのコールバックを実行します。

f14
set_param('f14/Pilot','OpenFcn','disp(''Hello World!'')')
open_system('f14/Pilot','OpenFcn')

MATLAB コマンド プロンプトに「Hello World」と表示されます。

モデル sf_car のマスク サブシステム Vehicle の内容を開きます。

open_system('sf_car')
open_system('sf_car/Vehicle', 'force')

f14 および vdp という 2 つのモデル名の cell 配列を作成します。open_system で cell 配列名を使用して両方のモデルを開きます。

models = {'f14','vdp'}
open_system(models)

入力引数

すべて折りたたむ

モデル、参照モデル、ライブラリ、サブシステムまたはブロック パス。文字ベクトルとして指定します。モデルが MATLAB パス上にない場合は、モデル ファイルの絶対パスを指定します。開いているか読み込まれているモデルに含まれているブロックまたはサブシステムを完全な名前で指定します (例: f14/Controller/Gain)。UNIX® では、モデルの完全修飾パス名の先頭に、ユーザーのホーム ディレクトリを示すチルダ (~) を付けることができます。

データ型: char

モデルまたはライブラリの完全な名前またはパス。文字ベクトルとして指定します。

データ型: char

開いている、または読み込まれているモデルに含まれているサブシステムの完全な名前またはパス。文字ベクトルとして指定します。

データ型: char

開いている、または読み込まれているモデルに含まれているブロックまたはサブシステムの完全な名前またはパス。文字ベクトルとして指定します。

データ型: char

ヒント

参照モデルをモデルの階層構造のコンテキストで開くには、Simulink.BlockPath オブジェクトとともに関数 open を使用します。

R2006a より前に導入