Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

close_system

Simulink システム ウィンドウまたはブロック ダイアログ ボックスを閉じる

説明

close_system は、現在のシステムまたはサブシステムを閉じます。現在のシステムが最上位モデルであり、変更されている場合、close_system はエラーを返します。

関数 gcs を使用して、現在のシステムを決定します。

メモ

ブロックまたはメニュー コールバック内で close_system を使用して、ルートレベル モデルを閉じることはできません。ブロックまたはメニュー コールバック内のルートレベルのモデルを閉じようとすると、エラーが発生し、コールバックの実行が中断されます。

close_system(blockOrSys) は、指定されたモデルやサブシステム、または指定されたブロックのブロック ダイアログ ボックスを閉じます。モデルの読み込みのみが実行された場合、つまり、load_system を使用した場合、この構文はモデルをメモリからクリアします。

close_system(sys,saveflag) によって、モデルを現在の名前で保存するか、保存せずに閉じるかどうかを指定できます。

close_system(sys,newsys) は、モデルを閉じる前に指定された名前のファイルに保存します。

close_system(sys,___,Name,Value) は、1 つ以上の Name,Value ペアの引数を使用して追加のオプションを指定します。

すべて折りたたむ

モデル vdp を開いてから閉じます。

vdp
close_system

モデル vdp を開きます。

vdp

モデルで、Mu ブロックをダブルクリックしてブロック ダイアログ ボックスを開きます。

ブロック ダイアログ ボックスを閉じます。

close_system('vdp/Mu');

モデルを開いて変更し、そのモデルを新しい名前で保存して閉じます。

モデル vdp を開いてブロックを追加します。

vdp
block = add_block('vdp/Mu','vdp/Mu','MakeNameUnique','on');

モデルを閉じて、新しい名前で保存します。

close_system('vdp','myvdp');

次のコマンドは、vdp システムを 'max' という名前のファイルに保存しようとしますが、'max' は MATLAB® 関数の名前として既にあるためエラーが返されます。

close_system('vdp','max','ErrorIfShadowed',true)

モデルの階層構造を開き、参照モデルを読み込み、その後、参照モデルを読み込んだままにして最上位モデルを閉じます。

sldemo_mdlref_basic モデルを開き、その参照モデル sldemo_mdlref_counter を読み込みます。

open_system('sldemo_mdlref_basic')
load_system('sldemo_mdlref_counter')

メモリに読み込まれているモデルを確認します。

loadedModels = Simulink.allBlockDiagrams('model');
modelNames = get_param(loadedModels,'Name')
modelNames =

  2×1 cell array

    {'sldemo_mdlref_counter'}
    {'sldemo_mdlref_basic'  }

参照モデルを読み込んだままで sldemo_mdlref_basic を閉じます。

close_system('sldemo_mdlref_basic',0,'closeReferencedModels',false)

メモリに読み込まれているモデルを確認します。

loadedModels = Simulink.allBlockDiagrams('model');
modelNames = get_param(loadedModels,'Name')
modelNames =

    'sldemo_mdlref_counter'

最上位モデルを閉じると、メモリからクリアされます。既定では、close_system を最上位モデルについて使用すると、ウィンドウを共有しているため、参照モデルも閉じられ、メモリからクリアされます。'closeReferencedModels'false に設定すると、参照モデル sldemo_mdlref_counter が読み込まれたままになります。

入力引数

すべて折りたたむ

閉じるダイアログ ボックスのモデル、サブシステムまたはブロックの名前。文字ベクトル、文字ベクトルの cell 配列、string 配列、ハンドルまたはハンドルの配列として指定します。ファイル拡張子は使用しないでください。

例: "vdp/Mu" 'vdp'

閉じるモデルの名前。文字ベクトル、文字ベクトルの cell 配列、string 配列、ハンドルまたはハンドルの配列として指定します。ファイル拡張子は使用しないでください。

現在のファイル名を使用してモデルを保存するオプション。保存せずに閉じるには 0、保存してから閉じるには 1 として指定します。sys が配列である場合、配列内のすべてのモデルに適用する文字を 1 つ指定できます。または sys 配列の各モデルに対応する値を含む数値配列を指定できます。

モデルの命名に関する規則の詳細については、モデル名を参照してください。

保存先のファイル。文字ベクトル、文字ベクトルの cell 配列または string 配列として指定します。拡張子に有無に関係なく、現在のフォルダーのモデル名または絶対パス名を指定できます。

拡張子なしの名前を指定すると、close_system は Simulink® 基本設定で指定されたファイル形式に保存します。考えられるモデル拡張子は .slx.mdl です。

モデルの命名に関する規則の詳細については、モデル名を参照してください。

名前と値のペアの引数

オプションのコンマ区切りされた Name,Value の引数ペアを指定します。ここで、Name は引数名、Value は対応する値です。Name は引用符で囲まなければなりません。Name1,Value1,...,NameN,ValueN のように、複数の名前と値のペアの引数を任意の順序で指定できます。

例: close_system('mymodel','newmodel','closeReferencedModels',false,'ErrorIfShadowed',true,'OverwriteIfChangedOnDisk',true,'SaveModelWorkspace',true)

最上位モデルのウィンドウを閉じるときにすべての参照モデルを閉じるオプション。'closeReferencedModels'truefalse'on'、または 'off' で構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。別のウィンドウで開いている参照モデルは、この設定では影響を受けません。参照モデルを読み込んだままにするには、この引数を false に設定します。

新しい名前が MATLAB パス上またはワークスペース内で既に使用されている場合にエラーを返すオプション。'ErrorIfShadowed'truefalse'on'、または 'off' で構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。このエラーを受け取るには、newsys 引数を使用してモデルを新しい名前で保存しなければなりません。優先順位の低いファイルの詳細については、優先順位の低いファイルを参照してください。

システムが読み込まれてからディスク上のファイルが変更された場合でも、そのファイルを上書きするオプション。'OverwriteIfChangedOnDisk'truefalse'on'、または 'off' で構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。既定では、モデルが読み込まれた後にディスク上でファイルが変更された場合、close_system は、上書きを防ぐためにエラーを表示します。

Simulink 基本設定を使用して、ディスク上のファイルが変更されている場合にモデルを保存するとエラーが表示されるかどうかを制御できます。[Simulink 基本設定] ダイアログ ボックスの [モデル ファイル] ペインで、[変更通知] の下の [モデルを保存中] を選択します。既定の設定では、この基本設定はオンです。

モデルを保存するときにモデル ワークスペースを保存するオプション。'SaveModelWorkspace'truefalse'on'、または 'off' で構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。モデル ワークスペース DataSource は MAT ファイルでなければなりません。データ ソースが MAT ファイルではない場合、モデルを保存してもワークスペースは保存されません。モデル ワークスペース内のデータのソースの指定を参照してください。

互換性についての考慮事項

すべて展開する

R2019b での動作変更

R2006a より前に導入