Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

save_system

Simulink モデルを保存する

説明

filename = save_system は現在の最上位モデルを保存します。未保存のモデルの場合、save_system は現在のフォルダーにファイルを作成します。

サブシステムを保存するには、代わりに Simulink.SubSystem.copyContentsToBlockDiagram を使用してサブシステムの内容を新しいモデルにコピーします。その後、save_system を使用してそのモデルを保存できます。Simulink.SubSystem.copyContentsToBlockDiagramを参照してください。

filename = save_system(sys) はモデル sys を保存します。モデルは開いているか、読み込まれていなければなりません。

filename = save_system(sys,newsys) はモデルを新しいファイル newsys に保存します。拡張子を指定しない場合、save_system は Simulink® 基本設定で指定されたファイル形式を使用します。

filename = save_system(sys,newsys,Name,Value) は、1 つ以上の Name,Value のペア引数で指定された追加オプションを使用して、システムを保存します。新しいファイルに保存せずに Name,Value のペアを使用するには、newsys に対して [] を使用します。

すべて折りたたむ

モデルを作成します。

new_system('newmodel')

モデルを保存します。

save_system('newmodel')

モデル vdp を開きます。現在のフォルダーで myvdp という名前のモデルに保存します。ファイル拡張子がない場合、関数は Simulink 基本設定で指定された形式を使用してモデルを保存します。

open_system('vdp')
save_system('vdp','myvdp')

モデルを別の名前で保存したら、そのモデルが元の名前で開かれることはありません。vdp を再度開き、現在のフォルダーに .mdl ファイルとして保存します。

open_system('vdp')
save_system('vdp','mynewvdp.mdl')

モデルを新しい名前で保存し、同じ名前を持つ何らかのものが MATLAB® パス上に存在する場合はエラーを返します。この例では、max は MATLAB 関数の名前なので、save_system はエラーを表示します。モデルは保存されません。

open_system('vdp')
save_system('vdp','max','ErrorIfShadowed',true)
Error using save_system (line 38)
The model 'vdp' cannot be saved with the new name 'max', because this name is
shadowing another name on the MATLAB path or in the workspace.  Choose another
name, or do not use the option 'ErrorIfShadowed'

mymodel という名前のモデルがあると仮定します。そのモデルを開き、newmodel という名前のモデルに保存します。また、モデル ワークスペースを保存し、ユーザー定義のライブラリ ブロックへのリンクを解除し、ファイルがディスク上で変更されている場合は上書きします。

open_system('mymodel')
save_system('mymodel','mynewmodel','SaveModelWorkspace', 
true,'BreakUserLinks',true,'OverwriteIfChangedOnDisk',true)

モデル mymodel を保存し、モデル内のユーザー定義のライブラリ ブロックへのリンクを解除します。

save_system('mymodel',[],'BreakUserLinks',true)

入力引数

すべて折りたたむ

保存するモデルの名前。文字、文字ベクトルの cell 配列、string 配列、ハンドルまたはハンドルの配列として指定します。ファイル拡張子は使用しないでください。

保存するファイル。文字ベクトル、文字ベクトルの cell 配列、string 配列として指定するか、ファイル名を変更せずに Name,Value のペアを使用する場合は [] と指定します。拡張子に有無に関係なく、現在のフォルダーのモデル名または絶対パス名を指定できます。

拡張子を指定しない場合、save_system は Simulink 基本設定で指定されたファイル形式に保存します。考えられるモデル拡張子は .slx.mdl です。'ExportToXML' オプションでは、拡張子 .xml を使用します。

モデルの命名に関する規則の詳細については、モデル名を参照してください。

名前と値のペアの引数

オプションのコンマ区切りされた Name,Value の引数ペアを指定します。ここで、Name は引数名、Value は対応する値です。Name は引用符で囲まなければなりません。Name1,Value1,...,NameN,ValueN のように、複数の名前と値のペアの引数を任意の順序で指定できます。

例: save_system('mymodel','newmodel','SaveModelWorkspace',true,'BreakUserLinks',true,'OverwriteIfChangedOnDisk',true)

ダイアログ ボックス プロンプトを許可するオプションです。truefalse'on' または 'off' として指定します。既定では、警告およびエラー メッセージがコマンド ラインに表示されます。

新しい名前が MATLAB パスまたはワークスペースに存在する場合にエラーを返すオプションです。truefalse'on' または 'off' として指定します。

モデルを単純な XML 形式でファイルにエクスポートするオプションです。truefalse'on' または 'off' として指定します。ファイルの完全な名前 (.xml 拡張子も含める) を指定します。メモリ内のブロック線図は変更されず、コールバックも実行されません。他の Name,Value のペア引数を指定せずにこのオプションを使用します。警告が表示されますが、このオプションは将来のリリースで削除される予定です。

例: save_system('mymodel','exportfile.xml','ExportToXML',true)

エクスポート先の MATLAB リリース名。以下のいずれかの形式で指定します (大文字と小文字は区別されません)。7 年間分の以前のリリースにエクスポートできます。

  • リリース名。たとえば、'R2013B''R2016B'

  • リリース名の後ろにアンダースコアと拡張子。たとえば、'R2016A_SLX''R2014A_MDL'拡張子を指定しない場合、Simulink 基本設定で指定されたファイル形式にエクスポートされます。

save_system は、指定された Simulink バージョンで読み込むことができるように、システムをエクスポートします。システムが、指定された Simulink のバージョンでサポートされない機能を含む場合、このコマンドはエクスポートされたファイルからその機能を削除します。また、サポートされていないブロックを黄色い空のマスク サブシステム ブロックで置き換えます。その結果、エクスポートされたシステムは異なる結果を生成する場合があります。

あるいは、Simulink.exportToVersionまたは対話的に [前バージョンにエクスポート] ダイアログ ボックスを使用します。

プロジェクトを以前のリリースにエクスポートするには、プロジェクトを以前のバージョンにエクスポートするを参照してください。

システムが読み込まれてからディスク上のファイルが変更された場合でも、そのファイルを上書きするオプションです。truefalse'on' または 'off' として指定します。既定では、モデルが読み込まれた後にディスク上でファイルが変更された場合、save_system は、上書きを防ぐためにエラーを表示します。

Simulink 基本設定を使用してディスク上のファイルが変更されている場合は、save_system でエラーが表示されるかどうかを制御できます。[Simulink 基本設定] ダイアログ ボックスの [モデル ファイル] ペインで、[変更通知] の下の [モデルを保存中] を選択します。既定の設定では、この基本設定はオンです。

モデルの保存中に、保存されていない変更を含む参照モデルも保存するオプションです。truefalse'on' または 'off' として指定します。既定では、保存されていない参照モデルを含むモデルを保存しようとすると、エラーが返されます。

モデル ワークスペースの内容を保存するオプションです。truefalse'on' または 'off' として指定します。モデル ワークスペース DataSource は MAT ファイルでなければなりません。データ ソースが MAT ファイルではない場合、save_system はワークスペースを保存しません。モデル ワークスペース内のデータのソースの指定を参照してください。

出力引数

すべて折りたたむ

保存したファイルの完全名。文字ベクトルまたは文字ベクトルの cell 配列として返されます。

R2006a より前に導入