Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

モデル ワークスペース内のデータのソースの指定

モデル ワークスペースを使用してモデルで使用される変数を格納する場合、変数の保存場所を次のいずれかのソースから選択できます。

  • モデル ファイル。静的変数の定義を保存できます。

  • 別の MAT ファイルまたは MATLAB® ファイル。外部ファイルからモデル ワークスペースへいつでも変数を再度読み込むことができます。

  • 変数を作成する独自のカスタム MATLAB コード。モデル ファイルの一部としてこのコードを保存し、いつでもコードを再度読み込むことができます。

モデル ワークスペースのデータ ソースを指定するには、モデル エクスプローラーで [モデル ワークスペース] ダイアログ ボックスを使用します。モデル ワークスペースをダイアログ ボックスに表示するには次の手順を行います。

  1. モデル エクスプローラーを開きます。[モデル化] タブで [モデル データ エディター] をクリックします。

  2. [モデルの階層構造] ペインでモデル ワークスペースを右クリックします。

  3. [プロパティ] メニュー項目を選択すると、[モデル ワークスペース] ダイアログ ボックスが開きます。

MATLAB コマンドを使用してモデル ワークスペースを変更するには、MATLAB コマンドを使用したワークスペース データの変更を参照してください。

データ ソース

[モデル ワークスペース] ダイアログ ボックスの [データ ソース] フィールドには、以下のワークスペース用のデータ ソース オプションがあります。

  • モデル ファイル

    データ ソースがモデル自身であることを指定します。

  • MAT ファイル

    データ ソースが MAT ファイルであることを指定します。このオプションを選択すると、追加コントロールが現れます (MAT ファイルと MATLAB ファイルのソース管理を参照)。

  • MATLAB ファイル

    データ ソースが MATLAB ファイルであることを指定します。このオプションを選択すると、追加コントロールが現れます (MAT ファイルと MATLAB ファイルのソース管理を参照)。

  • MATLAB コード

    データ ソースがモデル ファイルに保存されている MATLAB コードであることを指定します。このオプションを選択すると、追加コントロールが現れます (MATLAB コードのソース管理を参照)。

MAT ファイルと MATLAB ファイルのソース管理

ワークスペースの [データ ソース] として [MAT ファイル] または [MATLAB ファイル] を選択すると、[モデル ワークスペース] ダイアログ ボックスに追加のコントロールが表示されます。

ファイル名

選択したワークスペースのデータ ソースである MAT ファイルまたは MATLAB ファイルのファイル名またはパス名を指定します。ファイル名の場合、名前は MATLAB パス上になければなりません。

ソースから再初期化

ワークスペースをクリアし、[ファイル名] フィールドで指定された MAT ファイルまたは MATLAB ファイルからデータを再読み込みします。

ソースに保存

[ファイル名] フィールドで指定された MAT ファイルまたは MATLAB ファイルにワークスペースを保存します。

MATLAB コードのソース管理

ワークスペースのデータ ソースとして [MATLAB Code] を選択すると、[モデル ワークスペース] ダイアログ ボックスに追加のコントロールが表示されます。

MATLAB コード

選択したワークスペースを初期化する MATLAB コードを指定します。初期化コードを変更するには、このフィールドを編集し、ダイアログ ボックスの [ソースから再初期化] ボタンを選択してワークスペースをクリアし、変更したコードを実行します。

ソースから再初期化

ワークスペースをクリアし、[MATLAB コード] フィールドの内容を実行します。

モデル マスクの作成

モデルをマスクすると、モデルのユーザーがモデルの引数をどのように操作するかを制御できます。詳細については、システム マスクの概要を参照してください。

関連するトピック