Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

バリアント システム

異なる仕様をサポートするカスタム モデルのバージョンを作成して重複を避ける

Simulink® では、可変コンポーネントの有限セットをもつ共通の固定構造から構成されるモジュール設計プラットフォームに基づくモデルを作成できます。変動性は、可変コンポーネントをもつ単一の固定マスター設計の開発に役立ちます。

このアプローチによって、用途、コストまたは操作上の考慮事項により決定する多様な顧客要件を満たすことができます。

バリアントはモジュール設計プラットフォームの可変コンポーネントです。これは、単一の統合されたブロック線図で 1 つのモデルの複数の実装を指定するのに役立ちます。詳細については、バリアントとは、およびどのような場合にそれを使用するかを参照してください。

バリアントには 2 つのタイプ、つまり階層的バリアントとインライン バリアントがあります。階層的バリアントは Variant Subsystem ブロックを介します。一方、インライン バリアントは Variant Source ブロックと Variant Sink ブロックを介します。Variant Subsystem ブロックを使用すると、次のようなメリットがあります。

  • Model ブロックと Subsystem ブロックをバリアント システムとして混在させることができる

  • 柔軟な I/O をサポートし、すべてのバリアントで入力端子と出力端子を同じ数にする必要がない

ブロック

Variant Subsystem, Variant Modelバリアントの選択として Subsystem ブロック、Model ブロック、または Subsystem Reference ブロックが含まれているテンプレート サブシステム
Variant Sourceバリアントを使用した複数の入力間での経路指定
Variant Sinkバリアントを使用した複数の出力間での経路指定
Manual Variant Source入力での複数バリアント選択肢の切り替え
Manual Variant Sink出力での複数バリアント選択肢の切り替え

クラス

Simulink.Variantバリアント選択を制御する条件を指定
Simulink.VariantConfigurationDataバリアント コンフィギュレーション データ オブジェクトを表すクラス
Simulink.VariantControlCreate a variant control variable object
Simulink.VariantVariableCreate a variant parameter object
Simulink.VariantManagerプログラムによるバリアント マネージャー機能へのアクセス
Simulink.VariantConfigurationAnalysisプログラムによるバリアント コンフィギュレーションの解析

トピック

バリアントの紹介

バリアント サブシステム

インライン バリアント

コード生成

バリアント マネージャー

バリアント パラメーター

モデル例