Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

AUTOSAR バリアント

コンポーネントの変動点およびシステム定数の設定

AUTOSAR ソフトウェア コンポーネントはバリアントを使用して、定義された条件に基づき、AUTOSAR インターフェイスまたは実装を実行パスで有効または無効にします。コンポーネントの変動点は 2 つ以上のバリアントからの選択を表します。コンポーネントで以下を実行できます。

  • AUTOSAR ポートまたはランナブルを有効化または無効化する。

  • AUTOSAR ランナブルの実装を変更する。

  • AUTOSAR ポートの配列サイズを変更する。

  • コンポーネントでバリアントを制御するための事前定義されたバリアントとシステム定数値セットを指定する。

Simulink® では、コンポーネント要件に応じてバリアント ブロックまたはシンボリック次元を使用して AUTOSAR バリアントをモデル化します。

AUTOSAR システム定数はコンポーネントの変動点を制御するための入力として機能します。システム定数をモデル化するには、AUTOSAR.Parameter データ オブジェクトを使用します。

関数

createComponentAsModelAUTOSAR ARXML アトミック ソフトウェア コンポーネントの Simulink 表現の作成
createCompositionAsModelAUTOSAR ARXML ソフトウェア コンポジションの Simulink 表現の作成

トピック

AUTOSAR ポートとランナブルのバリアントの設定

変動点を設定し、定義された条件に基づいて AUTOSAR 要素を有効または無効にする。

AUTOSAR ランナブル実装のバリアントの設定

AUTOSAR ランナブルの実装を変化させるバリアント条件ロジックを指定します。

AUTOSAR キャリブレーション データの変動点のエクスポート

AUTOSAR パラメーター、インスタンスごとのメモリ、インターランナブル変数の変動点をモデル化しエクスポートします。

AUTOSAR 配列サイズの次元バリアントの設定

シンボリック配列のサイズを使用して、AUTOSAR 要素の次元を柔軟に変更します。

事前定義値の組み合わせを使用した AUTOSAR バリアントの制御

モデル作成時に AUTOSAR バリアント条件で事前定義された値の組み合わせを指定します。