Main Content

AUTOSAR キャリブレーション データの変動点のエクスポート

次のものを含む AUTOSAR キャリブレーション データの変動点をエクスポートできます。

  • パラメーター — キャリブレーション、共有内部、インスタンス固有、または定数メモリ

  • インスタンスごとのメモリ— C 型または AR 型

  • インターランナブル変数 (IRV) — 暗黙的または明示的

キャリブレーション データをさまざまなタイプのバリアント モデルと組み合わせてモデル化できます。Variant Source ブロックおよび Variant Sink ブロック、Variant Subsystem ブロック、またはモデル参照バリアントを使用して、バリアント条件をモデル化します。モデルをビルドする際、エクスポートされた AUTOSAR XML (ARXML) ファイルには、条件付きで使用されるデータ要素とその変動点が含まれます。

たとえば、サブシステムの 2 つのバリアント実装 VAR1 および VAR2 をモデル化する Variant Subsystem ブロックを含む AUTOSAR コンポーネント モデルを開くとします。

rainSensor == 1 の場合に有効となる VAR1 で、scale という名前のパラメーターを定義し、ブロックで参照します。モデルをビルドする際、エクスポートされる ARXML にはパラメーターの変動点記述が含まれます。変動点 SHORT-LABEL で、パラメーターには vp の接頭辞が付きます。この例では、scale パラメーターは、バリアント条件 rainSensor == 1 が true のとき使用されることが記述に示されています。

<VARIATION-POINT>
    <SHORT-LABEL>vpscale</SHORT-LABEL>
    <SW-SYSCOND BINDING-TIME="PRE-COMPILE-TIME"><SYSC-REF DEST="SW-SYSTEMCONST">
      /vss_pkg/vss_dt/SystemConstants/rainSensor</SYSC-REF> == 1</SW-SYSCOND>
</VARIATION-POINT>

参考

| |

関連する例

詳細