Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

AUTOSAR.Parameter

パラメーターの値、データ型、コード生成オプション、その他のプロパティの指定

AUTOSAR コンポーネント データの実行時キャリブレーションのために、R2018b と R2019a では、コード マッピング エディターを使用して、モデル ワークスペース パラメーターと内部信号、状態およびデータストアのグラフィカル マッピングが AUTOSAR コンポーネントの内部パラメーターと変数に導入されました。詳細については、コード生成用の AUTOSAR 要素のマッピングを参照してください。

説明

このクラスでは、AUTOSAR キャリブレーション パラメーターをモデル化するためのワークスペース オブジェクトを作成できます。ベース MATLAB® ワークスペースに AUTOSAR.Parameter オブジェクトを作成できます。

このクラスは Simulink.Parameter クラスを拡張します。パラメーター オブジェクトを使用して、パラメーターの値やパラメーターに関するその他の情報 (その目的、次元、最小値、最大値など) を指定できます。一部の Simulink® 製品では、パラメーターが調整可能かどうかを判断するなどのために、この情報が使用されます (ブロック パラメーター値の調整と試行を参照)。

Simulink は、パラメーター値の範囲チェックを行います。パラメーター オブジェクトの値が、指定した最小値と最大値およびデータ型に対応する範囲外であるときに警告が表示されます。詳細については、Simulink.Parameter のリファレンス ページを参照してください。

AUTOSAR.Parameter オブジェクトを定義するには、MATLAB コマンド ウィンドウで、オブジェクトをインスタンス化して、それに名前を割り当てます。

arParam = AUTOSAR.Parameter;

ワークスペース オブジェクトを開いて、プロパティを確認および変更します。

プロパティ ダイアログ ボックス

Simulink.Parameter のリファレンス ページでは、パラメーター属性について詳細に説明しています。AUTOSAR.Parameter クラスは、[ストレージ クラス] 属性に次の追加項目を選択することで Simulink.Parameter クラスを拡張します。

  • CalPrm — キャリブレーション パラメーターの所属するキャリブレーション コンポーネントは、複数の AUTOSAR ソフトウェア コンポーネントからアクセスできます。このストレージ クラスを選択することで、カスタム属性 [HeaderFile][ElementName][PortName][InterfacePath][CalibrationComponent] および [ProviderPortName] が有効になります。

    • [HeaderFile] を使用すると、AUTOSAR ソフトウェア コンポーネント ヘッダー ファイル名を必要に応じて指定し、キャリブレーション パラメーターを宣言できます。

    • [ElementName][PortName] および [InterfacePath] を使用すると、キャリブレーション パラメーターを特定の AUTOSAR 要素、AUTOSAR ポートおよび AUTOSAR インターフェイスに関連付けることができます。要素名、ポート名、インターフェイス パスを指定します。たとえば、要素 K、ポート rCounter、インターフェイス rCounter/CalibrationComponents/counter_if を指定します。

    • [CalibrationComponent] および [ProviderPortName] を使用すると、AUTOSAR キャリブレーション コンポーネントにエクスポートされるキャリブレーション パラメーターを設定できます (ParameterSwComponent)。キャリブレーション コンポーネントにエクスポートされるキャリブレーション パラメーターは、キャリブレーション コンポーネント名および関連付けられた提供側のポート名を使用することで、複数の AUTOSAR ソフトウェア コンポーネントからアクセスできます。[CalibrationComponent] には、エクスポートするキャリブレーション コンポーネントの修飾名を指定し、[ProviderPortName] には関連付けられている提供側のポートの短縮名を指定します。たとえば、キャリブレーション コンポーネント /CalibrationComponents/counter_swc/counter および提供側のポート pCounter を指定します。

  • InternalCalPrm — 内部キャリブレーション パラメーターは、1 つの AUTOSAR ソフトウェア コンポーネントのみで定義しアクセスすることができます。このストレージ クラスを選択することで、カスタム属性の [HeaderFile][PerInstanceBehavior] が有効になります。

    • [HeaderFile] を使用すると、AUTOSAR ソフトウェア コンポーネント ヘッダー ファイル名を必要に応じて指定し、キャリブレーション パラメーターを宣言できます。

    • [PerInstanceBehavior] では、[Parameter shared by all instances of the Software Component] または [Each instance of the Software Component has its own copy of the parameter] を指定できます。

  • SystemConstant — 生成されたコードへのシステム定数の保存を制御できます。

詳細については、以下を参照してください。

R2013b で導入