Main Content

バリアントのモデリング コンポーネントの管理

バリアント要素の管理とバリアント コンフィギュレーションの定義、削減、解析

バリアント マネージャーは、モデルの階層構造を可視化し、バリアント ブロックや Stateflow® チャートのバリアント遷移など、階層全体でのバリアント要素の使用を一元管理できるツールです。

このツールは Variant Manager for Simulink® というサポート パッケージとして提供されています。主な機能は次のとおりです。

  • バリアント マネージャー — モデルの階層構造を可視化し、階層全体でのバリアント要素の使用を管理し、バリアント コンフィギュレーションを作成および管理する。

  • バリアント リデューサー — 選択されたバリアント コンフィギュレーションのみを含む削減されたモデルを生成する。

  • バリアント アナライザー — バリアント コンフィギュレーションを比較対比してエラーや不整合を特定する。

クラス

Simulink.VariantManagerプログラムによるバリアント マネージャー機能へのアクセス
Simulink.VariantConfigurationDataバリアント コンフィギュレーション データ オブジェクトを表すクラス
Simulink.VariantConfigurationAnalysisプログラムによるバリアント コンフィギュレーションの解析
Simulink.VariantControlCreate a variant control variable object
Simulink.VariantVariableCreate a variant parameter object

サポート パッケージ

Variant Manager for Simulink

Use a central tool to manage all variation points in a variant model.

トピック