Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

addControlVariables

クラス: Simulink.VariantConfigurationData
パッケージ: Simulink

既存のバリアント コンフィギュレーションへの制御変数の追加

構文

vcdataObj.addControlVariables(nameOfConfiguration,controlVars)

説明

vcdataObj.addControlVariables(nameOfConfiguration,controlVars) は、制御変数をバリアント コンフィギュレーションに追加します。

入力引数

nameOfConfiguration

既存のコンフィギュレーションの名前を指定します。

controlVars

追加される制御変数。この引数は、必須フィールド NameValue をもつ構造体のベクトルでなければなりません。Name フィールドに割り当てられる値は、一意の有効な MATLAB® 変数名でなければなりません。Value フィールドには、文字ベクトルまたは Simulink.Parameter オブジェクトのいずれかを含めることができます。制御変数の値は、バリアント コンフィギュレーションの検証中にチェックされます。

% Define the variant configuration data object
vcdataObj = Simulink.VariantConfigurationData;

% Add a variant configuration named LinInterExp
vcdataObj.addConfiguration('LinInterExp',...
'Linear Internal Experimental Plant Controller');

% Add control variables SmartSensor1Mod and PlanLocation
vcdataObj.addControlVariables('LinInterExp',...
  cell2struct({'SmartSensor1Mod', '2';...
               'PlantLocation', '1'},...
              {'Name', 'Value'}, 2))