Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

addConfiguration

クラス: Simulink.VariantConfigurationData
パッケージ: Simulink

バリアント コンフィギュレーション データ オブジェクトへの新しいバリアント コンフィギュレーションの追加

構文

vcdataObj.addConfiguration(name)
vcdataObj.addConfiguration(name,description)
vcdataObj.addConfiguration(name,description,controlVars)
vcdataObj.addConfiguration(name,description,controlVars,subModelConfigurations)

説明

vcdataObj.addConfiguration(name) は、バリアント コンフィギュレーション データ オブジェクトに特定の名前の新しいバリアント コンフィギュレーションを追加します。

vcdataObj.addConfiguration(name,description) は、バリアント コンフィギュレーション データ オブジェクトに特定の名前とオプションの説明を含む新しいバリアント コンフィギュレーションを追加します。

vcdataObj.addConfiguration(name,description,controlVars) は、バリアント コンフィギュレーション データ オブジェクトに特定の名前、オプションの説明および制御変数を含む新しいバリアント コンフィギュレーションを追加します。

vcdataObj.addConfiguration(name,description,controlVars,subModelConfigurations) は、バリアント コンフィギュレーション データ オブジェクトに特定の名前、オプションの説明、制御変数およびサブモデル コンフィギュレーションを含む新しいバリアント コンフィギュレーションを追加します。

入力引数

name

追加されるバリアント コンフィギュレーションの名前。

description

追加されるバリアント コンフィギュレーションの説明テキスト。

controlVars

追加されるバリアント コンフィギュレーションの制御変数。この引数は、必須フィールド NameValue をもつ構造体のベクトルでなければなりません。Name フィールドに割り当てられる値は、一意の有効な MATLAB® 変数名でなければなりません。Value フィールドには、文字ベクトルまたは Simulink.Parameter オブジェクトのいずれかを含めることができます。制御変数の値は、バリアント コンフィギュレーションの検証中にチェックされます。

subModelConfigurations

フィールド ModelNameConfigurationName を含む構造体のベクトル。サブモデルの名前は一意の有効な MATLAB 変数名でなければなりません。また、コンフィギュレーションの名前は有効な MATLAB 変数でなければなりません。

% Define the variant configuration data object
vcdataObj = Simulink.VariantConfigurationData;

% Add a variant configuration LinInterExp 
vcdataObj.addConfiguration('LinInterExp')