Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

Simulink.ProtectedModel.createHarness

保護モデルのテスト用に分離された環境を提供するハーネス モデルの作成

説明

h = Simulink.ProtectedModel.createHarness(pname) は指定された保護モデルのハーネス モデルを作成して開きます。ハーネス モデルは保護モデルのテスト用に分離された環境を提供します。ハーネス モデルの名前は、保護モデルの名前の後に _harness が付いています。

h = Simulink.ProtectedModel.createHarness(pname,hname) はハーネス モデルの名前またはパスを指定します。

すべて折りたたむ

分離された環境で保護モデルをテストするには、提供されたハーネス モデルを使用するか、保護モデル用のハーネス モデルを作成します。

sldemo_mdlref_counter.slxp という名前の保護モデルを受け取り、そのハーネス モデルは受け取らないと仮定します。保護モデルの作成に使用された同じプラットフォームを使用して、保護モデルのハーネス モデルを作成します。

h = Simulink.ProtectedModel.createHarness('sldemo_mdlref_counter.slxp');

The harness model has three input ports, an input conversion subsystem, the protected model, an output conversion subsystem, and one output port.

ハーネス モデルは、保護モデルのシミュレーションのために設定されます。

入力引数

すべて折りたたむ

保護モデルの名前。文字ベクトルまたは string スカラーとして指定します。

名前は .slxp 拡張子をつけてもつけなくても指定できますが、絶対パスまたは部分パスを指定することはできません。ファイルは MATLAB® パス上になければなりません。

例: Simulink.ProtectedModel.createHarness('model.slxp')

データ型: char | string

作成されるハーネス モデルの名前。文字ベクトルまたは string スカラーとして指定します。

名前は .slx 拡張子をつけてもつけなくても指定できます。

特定の場所にモデルを保存するには、名前と拡張子を含む、ハーネス モデルの絶対パスまたは部分パスを指定します。そうしない場合、ハーネス モデルは作業ディレクトリに保存されます。

例: Simulink.ProtectedModel.createHarness('model.slxp','harness.slx')

データ型: char | string

出力引数

すべて折りたたむ

ハーネス モデル。ハンドルとして返されます。

データ型: double

代替機能

Simulink® Coder™ または HDL Coder™ のライセンスをお持ちの場合は、次のいずれかのオプションを使用し、モデル保護プロセスの一環としてハーネス モデルを作成します。

  • [保護モデルの作成] ダイアログ ボックスで、[コンテンツ][保護されたモデル (.slxp) とプロジェクト内の依存関係] に設定するか、[保護されたモデル用にハーネス モデルを作成する] を選択する。

  • Simulink.ModelReference.protect (Simulink Coder) を使用して、'Project' または 'Harness'true に設定する。

ハーネス モデルをモデル保護プロセスの一環として作成する場合、より多くの情報をハーネス モデルに提供できます。この情報がないと、保護モデルのハーネス モデルを作成できない可能性があります。

R2020b で導入