最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

カスタム ライブラリ

ブロックとサブシステムの再利用可能なライブラリ

"ブロック ライブラリ" は、Simulink® モデルで使用できるブロックの集まりです。組み込みの Simulink ライブラリからブロックのインスタンスを作成したり、作成するブロックのインスタンスに対するカスタム ライブラリを作成したりできます。

組み込みのライブラリには Simulink ライブラリ ブラウザーからアクセスできます。ただし、これらのライブラリは変更できません。組み込みライブラリの詳細については、ブロック ライブラリを参照してください。他のユーザーがカスタム ブロックを作成できるように、独自のブロック ライブラリを作成して、それをライブラリ ブラウザーに追加できます。

独自のライブラリの作成は、以下の場合に便利なコンポーネント化手法です。

  • 頻繁に使用し、変更はあまり行わないモデル化ユーティリティを提供する

  • 1 つのモデルまたは複数のモデル内でコンポーネントを再利用する

カスタム ライブラリの使用とその他の Simulink コンポーネント化手法との比較の方法については、コンポーネントベースのモデル化のガイドラインを参照してください。

カスタム ライブラリからモデルにブロックを追加する場合、追加するブロックは "リンク付きブロック" となります。リンク付きブロックは "ライブラリ リンク" を介してライブラリ ブロックに接続します。ライブラリ ブロックは "プロトタイプ ブロック" で、モデルのリンク付きブロックはライブラリ ブロックの "インスタンス" です。

リンク付きブロックはライブラリ ブロックのように表示され、動作します。ただし、ライブラリ ブロックを変更する場合、そのインスタンス上でリンクを更新する必要があります。また、インスタンスに変更を加えるには、追加のステップが必要になることもあります。リンク付きブロックの動作の詳細については、リンク付きブロックを参照してください。

ブロック

Subsystemモデルの階層構造を作成するためのブロックのグループ化
Unresolved Linkライブラリ ブロックに関連付けられていない参照の報告

関数

libinfoモデルにより参照されるライブラリ ブロックに関する情報を取得
gcb現在のブロックのパス名を取得
gcbh現在のブロックのハンドルを取得

クラス

LibraryBrowser.LibraryBrowser2Simulink ライブラリ ブラウザー

トピック

ライブラリ ブラウザー

カスタム ライブラリの作成

カスタム ライブラリにブロックと注釈を追加して、ライブラリ構造体を定義します。

コンポーネントベースのモデル化のガイドライン

大規模モデルおよびマルチユーザー開発チームのためのコンポーネント化について考える。

ライブラリ ブラウザーへのライブラリの追加

ライブラリを作成し、それをライブラリ ブラウザーに追加して、ライブラリの順番をカスタマイズします。

ライブラリ リンク

リンク付きブロック

リンク付きブロック、パラメーター付きのリンクおよび自己修正可能なリンク付きサブシステムについて調べます。

ライブラリ リンクの表示

リンク バッジを使用してリンク ステータスを識別します。

ライブラリ ブロックへのリンクの無効化または解除

ライブラリ リンクを無効にします。

ライブラリ内のブロックへのリンクのロック

ライブラリ リンクを意図せずに無効化しないようにします。

無効リンクまたはパラメーター付きリンクの復元

ライブラリ リンクとリンクの不整合を元に戻します。

リンク付きブロックのプログラムによる制御

MATLAB® コマンドを使用してリンク付きブロックを管理します。

関連付けられていないライブラリ リンクの修正

関連付けられていないライブラリ リンクを処理します。

パラメーター付きリンクと自己修正可能なリンク付きサブシステム

リンク付き Subsystem ブロックのパラメーター値または構造体を変更する。

転送テーブル

転送テーブルを使用して古いライブラリ ブロックと新しいライブラリ ブロックをマッピングします。