Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

ライブラリ内のブロックへのリンクのロック

ライブラリへのリンクをロックできます。ロック可能なライブラリ リンクにより、これらのリンクが意図せずに無効化されることはありません。ロック可能なライブラリにより、十分に安定したライブラリのロバストな使用を確実にします。

ライブラリへのリンクをロックするには、ライブラリ ウィンドウの [ライブラリ] タブで、[リンクをロック] をクリックします。リンク付きブロックから親ライブラリへのリンクがロックされました。モデルを更新すると、リンク バッジに変更が見られます。ロックされたリンク バッジの背景は黒です。

ロックされたリンク付きブロックのリンクを親ライブラリ ブロックから無効にすることはできません。そのようなリンクは、コマンド ラインで LinkStatusinactive に変更することでのみ無効にできます。詳細については、リンク付きブロックのプログラムによる制御を参照してください。

ロックされたリンク付きブロックのコンテキスト メニューには、[ロックされたライブラリ リンク] は表示されますが、[ライブラリ リンク] は表示されません。また、このメニューで唯一有効になっているオプションは [ライブラリ ブロックに移動] であることに注意してください。

ロックされたリンク付きオブジェクトを開くと、ウィンドウ タイトルは [ロックされたリンク: blockname] になっています。左下角にはロック アイコンとリンク バッジが表示されます。リンク バッジの上にカーソルを合わせてロック情報を表示することもできます。

ライブラリ ウィンドウからリンクをロック解除するには、[ライブラリ] タブで [ロックされたリンク] をクリックします。ライブラリがロックされている場合、リンクをロックまたはロック解除するオプションは無効になります。このオプションを有効にするにはライブラリをロック解除しなければなりません。

ロックされたリンクのルール

  • ロックされたリンクを編集することはできません。ロックされたリンクに構造的な変更 (ブロック線図の編集など) を加えようとすると、リンクがロックされているか、別のロックされたリンク内にあるために変更できないというメッセージが表示されます。

  • マスクおよびブロック パラメーター ダイアログは、ロックされたリンク内のブロックでは無効です。マスクをもつ関連付けられたリンク付きブロックの場合、そのパラメーター ダイアログは常に無効です。

  • モデル エディターでロックされたリンクをパラメーター化することはできません。

  • ブロックをコピーすると、ライブラリの状態によってリンクの状態 (ロックされているかどうか) が決まります。ロックされたリンクをもつライブラリからブロックをコピーすると、リンクはロックされます。後でライブラリ リンクのロックを解除する場合、既存のリンク付きブロックは、リンクを更新するまではロックを解除するために変更されません。

  • サブライブラリを使用している場合、ライブラリへのリンクをロックすると、サブライブラリへのリンクがロックされます。

関連するトピック