最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

サブシステム

機能的なサブシステムへのブロックのグループ化、モデル階層構造の作成

モデル サイズが大きくなり、複雑さが増しても、複数のブロックをサブシステムとしてグループ化することでモデルを読みやすくすることができます。サブシステムは、1 つの Subsystem ブロックにグループ化する一連のブロックです。

サブシステムを使用すると、次のことができます。

  • 階層的なブロック線図を作成し、サブシステムを構成するブロックを Subsystem ブロックの層とは別の層に配置する

  • 機能的に関連したブロックを 1 つに集約する

  • モデル ウィンドウに表示されるブロック数の削減に利用する

サブシステムのコピーを作成すると、そのコピーは元のサブシステムには依存しません。サブシステムの内容を 1 つのモデル内または複数のモデル全体で再利用するには、ライブラリを使用するか、サブシステムを参照モデルに変換します。アプリケーションに最も適したモデル コンポーネントを特定するには、コンポーネントベースのモデル化のガイドラインを参照してください。

サブシステムはバーチャルまたは非バーチャルのどちらでも構いません。バーチャル サブシステムはモデルにグラフィカルな階層を提供し、モデルの実行には影響しません。非バーチャル サブシステムはモデル内の単一ユニットとして実行されます。条件付きで実行されるサブシステムの詳細については、条件付き実行サブシステムとモデルを参照してください。

ブロック

Subsystemモデルの階層構造を作成するためのブロックのグループ化

関数

すべて展開する

Simulink.BlockDiagram.createSubsystem指定されたブロックのセットを含むサブシステムの作成
Simulink.BlockDiagram.copyContentsToSubsystemブロック線図の内容を空のサブシステムにコピー
Simulink.BlockDiagram.expandSubsystemサブシステムをサブシステムの内容で置き換える
Simulink.SubSystem.convertToModelReferenceサブシステムからモデル参照への変換
Simulink.SubSystem.copyContentsToBlockDiagramサブシステムの内容を空のブロック線図にコピーする
Simulink.SubSystem.deleteContentsサブシステムの内容を削除

トピック

サブシステム

サブシステムの基礎

サブシステムの基礎

サブシステムの作成

サブシステムの作成方法

サブシステムの内容の展開

サブシステムの内容を 1 レベル上げてモデルの階層構造をフラットにする。

サブシステムの構成

サブシステムの実行、動作、アクセスの設定

モデルの階層構造の移動

サブシステムおよび参照モデルのモデルの階層構造の移動。

モデル コンポーネントの内容のプレビュー

ブロックの表面にブロックの内容を表示する

サブシステム参照

サブシステム参照

別のファイルにサブシステムを保存してモデルで参照する。

モデル内のサブシステム コンポーネントの参照

モデルでサブシステム ファイルを使用する。