Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

自己修正可能なライブラリ ブロックの作成

自己修正可能なマスク サブシステム ブロックをライブラリからモデルに追加すると、自己修正可能なリンク付きブロックが作成されます。このようなリンク付きブロックを使用すると、サブシステム ブロック内で構造的な変更を行うことができます。

この例では、マスク ダイアログ ボックスの [時間領域] を変更すると、サブシステム内のブロックがそれに合わせて置き換えられることを確認します。たとえば、[時間領域] で [離散] を選択すると、連続積分器のブロックが離散積分器のブロックに置き換わります。また、その逆も同様です。

自己修正可能なリンク付きブロックにおけるこのような動的な構造変更は、マスク エディターの [初期化] ペインに追加される MATLAB コードを使用して制御されます。

構造変更は、[初期化] ペインの [ライブラリ ブロックが内容を変更することを許可] オプションがオンになっている場合のみ発生します。

open_system('self_modifiable_mask_example');