Main Content

並列計算

CPU、GPU、またはその両方での MATLAB® プログラムおよび Simulink® シミュレーションの並列実行

MATLAB の並列計算では、デスクトップ、クラスター、クラウド上のハードウェア リソース (CPU から GPU まで) の有効活用に役立つ言語とツールが提供されます。

  • 何百もの関数に自動並列サポートと GPU サポートがあるため、コードを変更せずに計算を並列化できます。

  • Parallel Computing Toolbox の有無にかかわらず、あらゆるユーザーに対応して実行され、利用可能なリソースに応じて自動的に拡張される、移植可能な並列コードを記述できます。

  • 一度記述した並列コードは、異なるクラスター環境でも実行できます。

  • ローカルのマルチコア プロセッサや GPU を使用して計算量の多い問題を解決したり、計算クラスターにスケール アップしたりすることができます。

Workflow for Parallel computing from desktop to compute clusters

トピック

並列計算の基礎

Simulink の並列シミュレーション

  • Running Multiple Simulations (Simulink)
    Run multiple simulations from the parsim and batchsim commands, and the Multiple Simulations panel in Simulink Editor.

MATLAB での GPU の使用

  • GPU での MATLAB 関数の実行 (Parallel Computing Toolbox)
    MATLAB および他のツールボックスの数百もの関数は gpuArray (Parallel Computing Toolbox) 引数を渡すことで自動的に GPU で実行されます。

クラスターやクラウドへのスケール アップ

並列計算アプリケーション