Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

comm.PhaseFrequencyOffset

位相と周波数オフセットを入力信号に適用

説明

PhaseFrequencyOffset オブジェクトは、入力信号に位相と周波数のオフセットを適用します。

位相と周波数オフセットは次により入力信号に適用します。

  1. 位相周波数オフセット オブジェクトを定義および設定します。構築を参照してください。

  2. step を呼び出して、comm.PhaseFrequencyOffset のプロパティに従い、位相および周波数のオフセットを入力信号に適用します。step の動作は、ツールボックスの各オブジェクト固有のものです。

メモ

R2016b 以降では、step メソッドを使用して、System object™ によって定義された演算を実行する代わりに、引数を関数であるかのように使ってオブジェクトを呼び出すことができます。たとえば、y = step(obj,x)y = obj(x) は同等の演算を実行します。

構築

H = comm.PhaseFrequencyOffset は位相と周波数のオフセット System object H を作成します。このオブジェクトは、入力信号に位相と周波数のオフセットを適用します。

H = comm.PhaseFrequencyOffset(Name,Value) は指定されたそれぞれのプロパティ セットを指定された値に設定して、位相と周波数のオフセット オブジェクト H を作成します。(Name1,Value1,...,NameN,ValueN) のように、追加の名前と値のペアの引数を任意の順番で指定できます。

プロパティ

PhaseOffset

Phase offset

度単位で位相オフセットを指定します。既定の設定は 0 です。step メソッド入力が M 行 N 列の行列の場合、PhaseOffset プロパティは、数値スカラー、M 行 1 列、または 1 行 N 列の数値ベクトル、または M 行 N 列の数値行列にできます。

PhaseOffset プロパティをスカラー値に設定すると、オブジェクトは、定数を指定した位相オフセットを入力行列の各列に適用します。

このプロパティを M 行 1 列のベクトルに設定すると、オブジェクトは、このプロパティのベクトルで指定された時変位相オフセットを step メソッドへの入力の各列に適用します。

このプロパティを N 行 1 列のベクトルに設定すると、オブジェクトは、このプロパティの i 番目の定位相オフセットを step メソッドへの入力の i 番目の列に適用します。

このプロパティを M 行 N 列のベクトルに設定すると、オブジェクトは、このプロパティ i 番目の列で指定された i 番目の時変位相オフセットを step メソッドへの入力の i 番目の列に適用します。このプロパティは調整可能です。

FrequencyOffsetSource

周波数オフセットのソース

周波数オフセットのソースを Property または Input port のいずれかで指定します。既定の設定は Property です。このプロパティを Property に設定した場合、FrequencyOffset プロパティを使用して周波数オフセットを指定できます。このプロパティを Input port に設定した場合、step メソッドの入力として周波数オフセットを指定します。

FrequencyOffset

Frequency offset

Hz 単位で周波数を指定します。既定の設定は 0 です。step メソッド入力が M 行 N 列の行列の場合、FrequencyOffset プロパティは、数値スカラー、M 行 1 列、または 1 行 N 列の数値ベクトル、または M 行 N 列の数値行列です。

このプロパティは、FrequencyOffsetSource プロパティを Property に設定した場合に適用されます。

このプロパティをスカラー値に設定する場合は、オブジェクトは定数を指定した周波数オフセットを step メソッドへの入力の各列に適用します。

このプロパティを M 行 1 列のベクトルに設定する場合は、オブジェクトは時変周波数オフセットを適用します。これらのオフセットは、プロパティで step メソッドへの入力の各列に指定されます。

このプロパティを N 行 1 列のベクトルに設定すると、オブジェクトは、このプロパティの i 番目の定数周波数オフセットを step メソッドへの入力の i 番目の列に適用します。

このプロパティを M 行 N 列の行列に設定する場合は、オブジェクトは i 番目の時変周波数オフセットを適用します。このオフセットはこのプロパティの i 番目の列で指定され、step メソッドの入力の i 番目の列に指定されます。このプロパティは調整可能です。

SampleRate

サンプルレート

入力サンプルのサンプルレート (秒) を倍精度、実数の正のスカラー値として指定します。既定の設定は 1 です。

SampleRate = 入力ベクトルのサイズ / Simulink® のサンプル時間

メソッド

step位相と周波数オフセットを入力信号に適用
すべての System object に共通
release

System object のプロパティ値の変更の許可

すべて折りたたむ

16-QAM 信号に位相オフセットを導入し、コンスタレーションへの影響を確認します。

位相周波数オフセット System object™ を作成します。位相オフセットを 30 度に設定します。

pfo = comm.PhaseFrequencyOffset('PhaseOffset',30);

ランダムなシンボルを生成して 16-QAM 変調を適用します。

M = 16;
data = (0:M-1)';
modData = qammod(data,M);

16-QAM コンスタレーションをプロットします。

scatterplot(modData);
title(' Original Constellation')
xlim([-5 5])
ylim([-5 5])

pfo を用いて位相オフセットを導入し、オフセットのコンスタレーションをプロットします。それが 30 度シフトしていることがわかります。

impairedData = pfo(modData);
scatterplot(impairedData);
title('Constellation after phase offset')
xlim([-5 5])
ylim([-5 5])

アルゴリズム

このオブジェクトは、Phase/Frequency Offset ブロックのリファレンス ページで説明されているアルゴリズム、入力、および出力を実装しています。オブジェクト プロパティはブロック パラメーターに対応しますが、以下の場合を除きます。

このオブジェクトには、指定しなければならない SampleRate プロパティが用意されています。ブロックが信号のサンプル時間を検知するため、対応するパラメーターはありません。

拡張機能

R2012a で導入