ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

step

System object のアルゴリズムの実行

構文

step(obj,___)

説明

step(obj,___) は System object™ を呼び出し、そのアルゴリズムを実行します。System object によっては、step は出力引数を返すことができます。

メモ

R2016b 以降では、System object によって定義された演算を実行するために、step メソッドを使用する代わりに、引数を指定して関数であるかのようにそのオブジェクトを呼び出すことができます。たとえば、y = step(obj,x)y = obj(x) は同等の演算を実行します。

アルゴリズムと入力変数の詳細については、個別の System object のリファレンス ページを参照してください。

すべて折りたたむ

Counter オブジェクトを作成し、プロパティを設定します。

obj = Counter;
obj.UseIncrement = false
obj = 
  Counter with properties:

    UseIncrement: false
    UseWrapValue: true
      StartValue: 1
       Increment: 1
       WrapValue: 10

Counter を実行します。

step(obj,1)
ans = 2

入力引数

すべて折りたたむ

実行するアルゴリズムをもつ System object。System object によっては、追加の入力引数が必要になることがあります。

拡張機能

R2010a で導入