ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

reset

System object の内部状態のリセット

構文

reset(obj)

説明

reset(obj) は、System object™ の内部状態と入力プロパティを初期値にリセットします。

  • obj がファイルの書き込みまたは読み取りを行う場合、reset はオブジェクトをファイルの先頭にリセットします。

  • obj がプロパティを変更する場合、reset はプロパティを初期の既定値にリセットします。

  • obj が乱数発生シードを使用する場合、reset はシード プロパティをリセットします。

すべて折りたたむ

Counter オブジェクトを作成し、プロパティを設定します。

obj = Counter;
obj.UseIncrement = false
obj = 
  Counter with properties:

    UseIncrement: false
    UseWrapValue: true
      StartValue: 1
       Increment: 1
       WrapValue: 10

オブジェクトをリセットし、解放します。

reset(obj)
release(obj)

入力引数

すべて折りたたむ

状態をリセットする System object。

拡張機能

R2010a で導入