Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

System object の使用

システム ツールボックスの事前定義済み System object を使用してシステムをシミュレートする

System object によって、動的システムのモデル化とストリームデータの処理を行うことができます。それらのオブジェクトは、DSP System Toolbox™、Communications Toolbox™、Computer Vision Toolbox™ などのシステム ツールボックスが 1 つ以上ある場合に使用できます。System object の概要については、System object とはを参照してください。

関数

stepSystem object のアルゴリズムの実行
cloneSystem object の複製
isDoneデータ終了ステータス
isLockedSystem object が使用中かどうかの判定
narginSystem object の入力引数の数
nargoutSystem object の出力引数の数。
resetSystem object の内部状態のリセット
releaseリソースを解放し、System object のプロパティ値と入力特性の変更を可能にします。
setupSystem object の 1 回限りの設定タスク

トピック

System object とは

System object™ は、特殊な MATLAB® オブジェクトです。System object は入力が時間経過とともに変化する動的システムを実装およびシミュレーションするために特別に設計されています。

System object と MATLAB 関数

System object と MATLAB 関数のどちらを使用するかを決定する。

System object を使用した MATLAB でのシステム設計

System object を使用した MATLAB でのシステム設計とシミュレーション。

呼び出しシーケンスの概要

関数呼び出しおよび内部処理実行の順序。