Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

TPC Decoder

ターボ積符号 (TPC) 復号化器

  • ライブラリ:
  • Communications Toolbox / Error Detection and Correction / Block

  • TPC Decoder block

説明

TPC Decoder ブロックは、Chase-Pyndiah アルゴリズムを使用して、積符号に対応する軟入力 LLR の 2 次元ターボ積符号 (TPC) 復号化を実行します。積符号は線形ブロック符号の 2 次元の連結です。線形ブロック符号は、2 つの誤りを訂正できるパリティ チェック符号、ハミング符号、または BCH 符号の可能性があります。拡張符号と短縮符号は、各次元で独立して適用することができます。2 次元 TPC 復号化の詳細については、ターボ積符号の復号化を参照してください。

有効な符号ペアと各符号ペアの誤り訂正能力の詳細については、コンポーネント符号ペアを参照してください。

端子

入力

すべて展開する

出力

すべて展開する

復号化の実際の反復回数。正の整数として返されます。

依存関係

この端子を有効にするには、Output number of iterations executed, Output number of iterations executedOutput number of iterations executedOutput number of iterations executed を選択します。

データ型: double

パラメーター

すべて展開する

行の TPC パラメーター

積の符号行列 NR の行数。整数値の一覧は、Extended codes, Extended codesExtended codesExtended codes の設定によって異なります。

メッセージ行列 KR の行数。整数値の一覧は、Extended codes, Extended codesExtended codesExtended codes および Number of rows in code, Nr, Number of rows in code, NrNumber of rows in code, NrNumber of rows in code, Nr の設定によって異なります。

短縮メッセージ行列 SR の行数。KR 以下の整数として指定します。このパラメーターを指定する場合は、フルレングスの NR および KR の値を入力して (NR,KR) 符号ペアを指定します。この符号ペアは、(NR–KR+SR,SR) 符号ペアに短縮されます。ここで、

依存関係

このパラメーターを有効にするには、Specify shortened message length, Specify shortened message lengthSpecify shortened message lengthSpecify shortened message length を選択します。

データ型: double

列の TPC パラメーター

積の符号行列 NC の列数。整数値の一覧は、Extended codes, Extended codesExtended codesExtended codes の設定によって異なります。

短縮メッセージ行列 SC の列数。整数として指定します。このパラメーターを指定する場合は、フルレングスの NC および KC の値を入力して (NC,KC) 符号ペアを指定します。この符号ペアは、(NC–KC+SC, SC) 符号ペアに短縮されます。ここで、

依存関係

このパラメーターを有効にするには、Specify shortened message length, Specify shortened message lengthSpecify shortened message lengthSpecify shortened message length を選択します。

データ型: double

復号化の最大反復回数。正の整数を指定します。

データ型: double

Maximum number of iterations, Maximum number of iterationsMaximum number of iterationsMaximum number of iterations の前にコンポーネント符号の計算されたシンドロームまたはパリティ チェックがゼロと評価された場合に復号化を終了するには、[Stop iterating when code converges] を選択します。

Iter 出力端子を追加して、実行された TPC 復号化の実際の反復回数を出力するには、このパラメーターを選択します。

実行するシミュレーションのタイプ。[コード生成] または [インタープリター型実行] として指定します。

  • コード生成 –– 生成された C コードを使用してモデルをシミュレートします。シミュレーションの初回実行時、Simulink® は対象ブロックの C コードを生成します。この C コードは、モデルが変更されない限り以降のシミュレーションで再利用されます。このオプションを使用すると、シミュレーションの起動時間は長くなりますが、以降のシミュレーションの速度は [インタープリター型実行] よりも速くなります。

  • インタープリター型実行 –– MATLAB® インタープリターを使用してモデルをシミュレートします。このオプションを使用すると、[コード生成] 方式よりも必要な起動時間が短縮されますが、以降のシミュレーションの速度が遅くなります。このモードで、ブロックのソース コードをデバッグできます。

ブロックの特性

データ型

Boolean | double | single

多次元信号

なし

可変サイズの信号

なし

詳細

すべて展開する

参照

[1] Chase, D. "Class of Algorithms for Decoding Block Codes with Channel Measurement Information." IEEE Transactions on Information Theory, Volume 18, Number 1, January 1972, pp. 170–182.

[2] Pyndiah, R. M. "Near-Optimum Decoding of Product Codes: Block Turbo Codes." IEEE Transactions on Communications. Vol. 46, Number 8, August 1998, pp. 1003–1010.

拡張機能

C/C++ コード生成
Simulink® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

参考

ブロック

関数

R2018b で導入