最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Binary Cyclic Decoder

バイナリ ベクトル データを復元するために組織巡回符号を復号化する

ライブラリ

Error Correction and Detection の Block サブライブラリ

説明

Binary Cyclic Decoder ブロックはバイナリ組織巡回符号の符号語ベクトルからメッセージ ベクトルを復元します。適切に復号化するには、このブロックのパラメーター値が対応する Binary Cyclic Encoder ブロックのパラメーターと一致しなければなりません。

このブロックは、N 要素を含む列ベクトル入力信号を受け入れます。ここで、N は符号語の長さです。出力信号は、K 要素を含む列ベクトルです。ここで、K は巡回符号のメッセージ長です。

次の 2 つの方法のいずれかで組織巡回符号スキームを決めることができます。

  • [N,K] 符号を作成するには、N および K を 1 番目と 2 番目のダイアログ パラメーターとしてそれぞれ入力することができます。ブロックは適切な生成多項式、つまり cyclpoly(N,K,'min') を計算します。

  • 符号語長 N と特定の次数 (N-K) のバイナリ "生成多項式" をもつコードを作成するには、N を 1 番目のパラメーターとして入力し、多項式の文字ベクトルまたはバイナリ ベクトルを 2 番目のパラメーターとして入力します。このベクトルは昇ベきの順に並べた係数リストによる生成多項式を表現します。Communications Toolbox™ の関数 cyclpoly を使用して、循環生成多項式を生成できます。

各ブロックの端子でサポートされるデータ型については、このページのサポートされているデータ型の表を参照してください。

パラメーター

Codeword length N

符号語長 N、入力ベクトルの長さでもあります。

Message length K, or generator polynomial

入力ベクトル長でもあるメッセージ長、多項式の文字ベクトルまたはコードの生成多項式を表すバイナリ ベクトルのいずれか。

サポートされているデータ型

端子サポートされているデータ型
In
  • 倍精度浮動小数点

  • 単精度浮動小数点

  • boolean

  • 8、16、32 ビット符号付き整数

  • 8、16、32 ビット符号なし整数

  • 固定小数点

Out
  • 倍精度浮動小数点

  • 単精度浮動小数点

  • boolean

  • 8、16、32 ビット符号付き整数

  • 8、16、32 ビット符号なし整数

  • 固定小数点

ペア ブロック

Binary Cyclic Encoder

参考

cyclpoly

拡張機能

C/C++ コード生成
Simulink® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

R2006a より前に導入