最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

情報源符号化

信号の処理形式への変換

Communications Toolbox™ には、典型的なパーティション、特定のコードブック マッピング、圧縮、拡張、圧伸、および量子化に従って、さまざまな情報源符号化を適用して信号を変換するための System object、ブロック、関数が含まれます。

関数

arithdeco算術復号化を使用した 2 値符号の復号化
arithenco算術符号化を使用したシンボル シーケンスの符号化
compandμ 則、または A 則圧縮器/伸長器による情報源符号化
dpcmdeco差分パルス符号変調を使った復号化
dpcmenco差分パルス符号変調を使った符号化
dpcmopt差分パルス符号変調パラメーターの最適化
huffmandecoハフマン復号化器
huffmandict既知の確率モデルの対応するハフマン符号ディクショナリを生成
huffmanencoハフマン符号化器
lloydsロイド アルゴリズムを使用した量子パラメーターの最適化
quantiz量子化インデックスと量子化された出力値を作成

オブジェクト

comm.DifferentialDecoder差動復号化によるバイナリ信号の復号化
comm.DifferentialEncoder差動符号化によるバイナリ信号の符号化

ブロック

A-Law Compressor情報源符号化用に A 則圧縮器を実装
A-Law Expander情報源符号化用に A 則伸長器を実装
Differential Decoder差動符号化を使用して、バイナリ信号を復号化
Differential Encoder差動符号化によるバイナリ信号の符号化
Mu-Law Compressor情報源符号化用に µ 則圧縮器を実装
Mu-Law Expander情報源符号化用に µ 則伸長器を実装
Quantizing Decoderコードブックに従い、量子化インデックスを復号化する
Quantizing Encoder分割およびコードブックを使用して信号を量子化する

トピック

Source Coding

スカラー量子化は、指定した範囲内のすべての入力を共通の値に割り当てるプロセスです。

算術符号化

算術符号化は、データの圧縮法を提供し、アルファベットの数が少ないデータ ソースに適しています。

信号の圧伸

音声処理などの用途では、量子化の前に "圧縮器" と呼ばれる対数演算を使用するのが一般的です。

差分パルス符号変調

差分パルス符号変調 (DPCM) とそれを予測量子化法として使用する方法についての学習。

ハフマン符号化

ハフマン符号化をデータに適用する方法の学習。

量子化

スカラー量子化は、指定した範囲内のすべての入力を共通の値に割り当てるプロセスです。