最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

arithdeco

算術復号化を使用した 2 値符号の復号化

構文

dseq = arithdeco(code,counts,len)

説明

dseq = arithdeco(code,counts,len) は、ベクトル code 内の 2 値算術符号を復号化して、len シンボルの対応するシーケンスを復元します。ベクトル counts は、ソースのアルファベットの各シンボルがテスト データ セット内に出現する回数をリストして、ソースの統計値を示します。この関数は、code 内のデータが関数 arithenco によって生成されたものと仮定します。

すべて折りたたむ

99% の確率で 1 が発生するように counts ベクトルを設定します。

counts = [99 1];

シーケンス長を 1000 に設定します。ランダム シーケンスを生成します。

len = 1000;
seq = randsrc(1,len,[1 2; .99 .01]);

ランダム シーケンスを算術的に符号化してから、符号化されたシーケンスを復号化します。

code = arithenco(seq,counts);
dseq = arithdeco(code,counts,length(seq));

復号化されたシーケンスが元のシーケンスと一致していることを確認します。

isequal(seq,dseq)
ans = logical
   1

アルゴリズム

この関数は、[1] で説明されているアルゴリズムを使います。

参考文献

[1] Sayood, Khalid, Introduction to Data Compression, San Francisco, Morgan Kaufmann, 2000.

参考

トピック

R2006a より前に導入