最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Quantizing Encoder

分割およびコードブックを使用して信号を量子化する

ライブラリ

Source Coding

説明

Quantizing Encoder ブロックは、[Partition] ベクトルに従って入力信号を量子化し、[Codebook] ベクトルに従って入力信号を符号化します。このブロックは、各ベクトル要素を個別に処理します。入力は離散時間信号でなければなりません。このブロックは、各ベクトル要素を個別に処理します。各ブロックの端子でサポートされるデータ型については、このページのサポートされているデータ型の表を参照してください。

最初の出力は量子化インデックスです。2 番目の出力は量子化信号です。量子化信号の値は、[Codebook] ベクトルから取られています。

[Quantization partition] パラメーターである P は、エントリが厳密に昇順である長さ n の実数ベクトルです。入力値 x に対応する量子化インデックス (2 番目の出力信号値) は、次のようになります。

  • x ≤ P(1) の場合は 0

  • P(m) < x ≤ P(m+1) の場合は m

  • P(n) < x の場合は n

長さが n+1 である [Quantization codebook] パラメーターは、量子化の各分割用の値を規定します。[Quantization codebook] の 1 番目の要素は、負の無限大と P の 1 番目の要素の間隔の値です。このブロックの 2 番目の出力信号には、量子化インデックスと上述の値に基づいた入力信号の量子化が含まれます。

適切な分割とコードブック パラメーターを得るには、関数 lloyds を学習データとして自分のデータの代表的なサンプルと共に使用します。

パラメーター

Quantization partition

分割区間の端点のベクトル。

Quantization codebook

各区画に割り当てられた出力値のベクトル。

Index output data type

出力データ型を選択します。

サポートされているデータ型

端子サポートされているデータ型
U
  • 倍精度浮動小数点

  • 単精度浮動小数点

  • 符号付き固定小数点

Idx
  • 倍精度浮動小数点

  • 8、16、32 ビット符号付き整数

  • 8、16、32 ビット符号なし整数

Q(U)
  • 倍精度浮動小数点

  • 単精度浮動小数点

  • 符号付き固定小数点

ペア ブロック

Quantizing Decoder

拡張機能

C/C++ コード生成
Simulink® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

R2006a より前に導入