Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

dpcmdeco

差分パルス符号変調を使った復号化

構文

sig = dpcmdeco(indx,codebook,predictor)
[sig,quanterror] = dpcmdeco(indx,codebook,predictor)

説明

sig = dpcmdeco(indx,codebook,predictor) は、ベクトル indx を復号化する差分パルス コード復調を実装します。ベクトル codebook は、予測誤差イコライザー コードブックを表します。ベクトル predictor は、予測伝達関数を指定します。伝達関数が予測次数 M をもつ場合、predictor の長さは M+1 で、初期エントリは 0 です。正確に復号化するためには、同じコードブックと予測子を dpcmencodpcmdeco で使用します。

partitioncodebook の形式の詳細は、パーティションの表現コードブックの表現、または quantiz のリファレンス ページを参照してください。

[sig,quanterror] = dpcmdeco(indx,codebook,predictor) は、ベクトル quanterror が量子化パラメーターに基づく予測誤差の量子化であることを除き、上記の構文と同じです。quanterror は、sig と同じサイズです。

メモ

関数 dpcmopt を使用して入力パラメーター codebookpartition、および predictor を推定できます。

dpcmdeco を使用する例については、例:DPCM 符号化と復号化例:最適化および非最適化された DPCM パラメーターの比較を参照してください。

参考文献

[1] Kondoz, A. M., Digital Speech, Chichester, England, John Wiley & Sons, 1994.

R2006a より前に導入