最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

comm.DifferentialDecoder

差動復号化によるバイナリ信号の復号化

説明

DifferentialDecoder オブジェクトは、バイナリ入力信号を復号化します。出力はチャネル内の連続的な入力要素間の論理差です。

差動復号化を使用してバイナリ信号を復号化するには、以下の手順に従います。

  1. 差動復号化器オブジェクトを定義および設定します。構築を参照してください。

  2. step を呼び出して、comm.DifferentialDecoder のプロパティに従い、バイナリ信号を復号化します。step の動作は、ツールボックスの各オブジェクト固有のものです。

メモ

R2016b 以降では、step メソッドを使用して、System object™ によって定義された演算を実行する代わりに、引数を関数であるかのように使ってオブジェクトを呼び出すことができます。たとえば、y = step(obj,x)y = obj(x) は同等の演算を実行します。

構築

H = comm.DifferentialDecoder は差動復号化器 System object H を作成します。このオブジェクトは、以前に差動符号化器で符号化したバイナリ入力信号を復号化します。

H = comm.DifferentialDecoder(Name,Value) は、指定の各プロパティが指定の値に設定されたオブジェクト H を作成します。(Name1,Value1,...,NameN,ValueN) のように、のように、追加の名前と値のペアの引数を任意の順番で指定できます。

プロパティ

InitialCondition

初期出力を生成するために使用した初期値

実数スカラーとして初期条件を指定します。このプロパティには、論理値、数値、固定小数点 (embedded.fi オブジェクト) のデータ型の値を指定できます。既定の設定は 0 です。オブジェクトは、非バイナリ値をバイナリ信号として扱います。

メソッド

reset差分復号化器オブジェクトの状態のリセット
step差動復号化によるバイナリ信号の復号化
すべての System object に共通
release

System object のプロパティ値の変更の許可

すべて折りたたむ

差動符号化器および復号化器のペアを作成します。

diffEnc = comm.DifferentialEncoder;
diffDec = comm.DifferentialDecoder;

ランダムなバイナリ データを生成します。データを差分で符号化および復号化します。

data = randi([0 1],100,1);
encData = diffEnc(data);
decData = diffDec(encData);

元のデータと復号化したデータの間の誤りの数を求めます。

numErrors = biterr(data,decData)
numErrors = 0

アルゴリズム

このオブジェクトは、Differential Decoder ブロックのリファレンス ページで説明されているアルゴリズム、入力、および出力を実装しています。オブジェクト プロパティはブロック パラメーターに対応しますが、以下の場合を除きます。

オブジェクトが単一チャネルの列ベクトル入力のみをサポートする。

拡張機能

R2012a で導入