Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

同期と受信機の設計

搬送周波数と位相の再生、タイミング周波数と位相の再生、AGC、I/Q 不均衡の補正、位相同期回路

Communications Toolbox™ には、MATLAB® または Simulink® のいずれかを使用して信号再生を実行するためのツールが含まれています。

関数

iqcoef2imbal補償器係数の、振幅と位相の不均衡への変換
iqimbal2coefI/Q 不均衡の補償器係数への変換
channelDelayチャネルのタイミング遅延

オブジェクト

comm.AGC一定の信号レベル出力を得るために適応的にゲインを調整する
comm.CarrierSynchronizer搬送周波数オフセットの補正
comm.SymbolSynchronizerシンボル タイミングのクロック スキューの補正
comm.PreambleDetectorデータのプリアンブルの検出
comm.CoarseFrequencyCompensatorPAM、PSK または QAM の周波数オフセットの補正
comm.IQImbalanceCompensatorI/Q 不均衡の補正
comm.DiscreteTimeVCO可変周波数正弦波を生成する
comm.GMSKTimingSynchronizer4 次非線形性法を使用したシンボル タイミング位相の再生
comm.MSKTimingSynchronizer4 次非線形性法を使用したシンボル タイミング位相の再生

ブロック

AGC一定の信号レベル出力を得るために適応的にゲインを調整する
Carrier Synchronizer搬送周波数オフセットの補正
Symbol Synchronizerシンボル タイミングのクロック スキューの補正
Preamble Detectorデータ パケットのプリアンブルの検出
Coarse Frequency CompensatorPAM、PSK または QAM の搬送周波数オフセットの補正
I/Q Compensator Coefficient to Imbalance補償器係数を振幅と位相の不均衡に変換
I/Q Imbalance Compensator 同相成分と直交成分の間の不均衡の補正
I/Q Imbalance to Compensator Coefficient振幅と位相の不均衡を I/Q 補正器係数に変換
Discrete-Time VCO電圧制御発振器を離散時間で実装
MSK-Type Signal Timing Recovery4 次非線形性法を使用したシンボル タイミング位相の再生
Baseband PLLベースバンド位相同期回路の実装
Charge Pump PLLデジタル位相検出器を使用してチャージ ポンプ位相同期回路を実装する
Continuous-Time VCO電圧制御発振器の実装
Linearized Baseband PLL線形化された位相同期回路の実装
Phase-Locked Loop入力信号の位相を再生するために位相同期回路を実装する

トピック

同期の基本

位相同期回路

位相再生方法と位相同期回路。

MATLAB

大まかな同期と細かな同期を使用した 16-QAM の位相オフセットと周波数オフセットの補正

AWGN チャネルにおける 16-QAM 信号の著しい位相と周波数のオフセットの補正は、2 つのステップで行われます。

おおまかな補正と細かな補正を使用した周波数オフセットの補正

キャリア同期装置を使用して、ノイズを含む QAM 信号の位相および周波数オフセットを補正します。

シンボル タイミングおよびドップラー オフセットの補正

comm.SymbolSynchronizer および comm.CarrierSynchronizer System object を使用して、シンボル タイミングおよび周波数オフセットの誤りを補正します。

周波数オフセット補正のためのキャリア同期装置の減衰係数の調整

キャリア同期装置オブジェクトを使用して、周波数オフセットの補正を試行します。

MSK 信号再生

最小シフト キーイング (MSK) 信号のタイミング位相オフセット、搬送周波数オフセット、搬送波位相オフセットなどのチャネル障害をモデル化します。

Simulink

MSK 信号再生

このモデルでは、最小シフト キーイング (MSK) 信号のタイミング位相オフセット、搬送周波数オフセット、搬送波位相オフセットなどのチャネル障害をモデル化する方法を説明します。

注目の例