最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

syndtable

シンドローム復号化テーブルの作成

構文

t = syndtable(h)

説明

t = syndtable(h) は、符号語長 n とメッセージ長 k の誤り訂正 2 値符号の復号化テーブルを返します。h はコードの (n-k) 行 n 列のパリティ チェック行列です。t は 2n-k 行 n 列のバイナリ行列です。t の r 番目の行は、シンドロームが 10 進整数値 r-1 の受信した 2 値符号語の誤りパターンです。(受信した符号語のシンドロームは、パリティ チェック行列の転置の結果です)。つまり、t の行はコードの標準配列からの剰余の始端部を表します。

2 進数と 10 進数を変換する場合、左端の列が "最上位" 桁とみなされます。これは、bi2de および de2bi コマンドの既定の表記とは異なっています。

例は、復号化テーブルにあります。

参照

[1] Clark, George C., Jr., and J. Bibb Cain, Error-Correction Coding for Digital Communications, New York, Plenum, 1981.

R2006a より前に導入