最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

isprimitive

ガロア体の原始多項式に対して真

構文

isprimitive(a) 

説明

isprimitive(a) は、a が表現する多項式がガロア体 GF(2m) に対して原始になる場合は 1 を、それ以外の場合は 0 を返します。入力 a は、次のいずれかの形式を使用して多項式を表現できます。

  • 217 より小さな非負の整数。この整数の 2 進表現は多項式の係数を示します。この場合、m は floor(log2(a)) になります。

  • 多項式の係数を降べきの順に並べた GF(2) のガロア行ベクトル。この場合、m は a で表現される多項式の次数です。

以下の例は、GF(8) のすべての原始多項式を求め、isprimitive を使用して特定の多項式が原始多項式であるかどうかをチェックします。

a = primpoly(3,'all','nodisplay'); % All primitive polys for GF(8)

isp1 = isprimitive(13) % 13 represents a primitive polynomial.

isp2 = isprimitive(14) % 14 represents a nonprimitive polynomial.

出力は以下のようになります。ベクトル a を調べるときに、isp1 は、13a の要素であるため真である一方、isp2 は、14a の要素でないため偽であることに注意してください。

isp1 =

     1


isp2 =

     0

参考

|

R2006a より前に導入