Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

gftable

ガロア体の計算を高速にするためのファイルの生成

構文

gftable(m,prim_poly); 

説明

gftable(m,prim_poly) は、"既定以外の" 原始多項式 prim_poly で記述されたとおりに、体 GF(2^m) の計算を高速化するファイルを生成します。これは、多項式の文字ベクトルまたは整数です。prim_poly は、GF(2^m) に対する原始多項式を表します。ここでは、原始多項式と元の表現で説明されている形式を使用して、1 < m < 16 となります。関数は、userGftable.mat と呼ばれるファイルを現在の作業フォルダーに配置します。必要な場合は、関数はファイルの書き込み可能なバージョンを上書きします。

メモ

prim_polygf のリファレンス ページの表にある GF(2^m) の既定の原始多項式である場合は、この関数の効果はありません。MATLAB インストールでの MAT ファイルは、既定原始多項式に関する計算を高速化する乗法を既に含んでいます。

以下の例では、(m, prim_poly) に (8, 501) というペアがある userGftable.mat ファイルがまだ存在しないことを前提とした場合、t3t1 に類似し、t2 より著しく小さくなります。gftable コマンドの実行前には MATLAB に警告が表示され、gftable の実行後には警告が表示されないことに注意してください。gftable コマンドの実行によって、GF テーブルをより高速な計算用に保存できます。

% Sample code to check how much gftable improves speed.
tic; a = gf(repmat([0:2^8-1],1000,1),8); b = a.^100; t1 = toc;
tic; a = gf(repmat([0:2^8-1],1000,1),8,501); b = a.^100; t2 = toc;
gftable(8,501); % Include this primitive polynomial in the file.
tic; a = gf(repmat([0:2^8-1],1000,1),8,501); b = a.^100; t3 = toc;
R2006a より前に導入