最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Binary Linear Decoder

バイナリ ベクトル データを復元するために線形ブロック符号を復号化する

ライブラリ

Error Correction and Detection の Block サブライブラリ

説明

Binary Linear Decoder ブロックは、線形ブロック符号の 2 値符号語ベクトルからバイナリ メッセージ ベクトルを復元します。

[Generator matrix] パラメーターはブロック符号の生成行列です。正しく復号化するには、これは対応する Binary Linear Encoder ブロックの [Generator matrix] パラメーターと一致していなければなりません。N がコードの符号語長である場合、[Generator matrix] には N 列が含まれていなければなりません。K がコードのメッセージ長である場合、[Generator matrix] パラメーターには K 行が含まれていなければなりません。

このブロックは N 要素を含む列ベクトル入力信号を受け入れます。このブロックは、K 要素の長さで列ベクトルを出力します。

復号化器は、[Decoding table] パラメーターを使用して、誤りを訂正しようとします。[Decoding table] がスカラー 0 である場合、ブロックは既定で Communications Toolbox™ の関数 syndtable によって生成されるテーブルに設定されます。それ以外の場合、[Decoding table] は 2N-K-by-N バイナリ行列になるはずです。この行列の r 番目の行は、シンドロームが 10 進整数値 r-1 の受信した 2 値符号語です。受信した符号語のシンドロームは、パリティ チェック行列の転置の結果です。

各ブロックの端子でサポートされるデータ型については、このページのサポートされているデータ型の表を参照してください。

パラメーター

Generator matrix

Binary Linear Encoder ブロック内と同じコードの生成行列。

Decoding table

各符号語のシンドロームの訂正ベクトルをリストする 2N-K 行 N 列の行列、またはスカラー 0 (この場合、ブロックは既定で [Generator matrix] パラメーターに対応するテーブルに設定されます)。

サポートされているデータ型

端子サポートされているデータ型
In
  • 倍精度浮動小数点

  • 単精度浮動小数点

  • boolean

  • 8、16、32 ビット符号付き整数

  • 8、16、32 ビット符号なし整数

  • 固定小数点

Out
  • 倍精度浮動小数点

  • 単精度浮動小数点

  • boolean

  • 8、16、32 ビット符号付き整数

  • 8、16、32 ビット符号なし整数

  • 固定小数点

ペア ブロック

Binary Linear Encoder

拡張機能

C/C++ コード生成
Simulink® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

R2006a より前に導入