Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

log

ガロア体の対数

構文

y = log(x)

説明

y = log(x) は、ガロア配列 x の各元の対数を計算します。y は、方程式 A.^y = x を解く整数配列で、Ax 内で元を表現するために使用される原始元です。より明示的には、対数の基底 A は、gf(2,x.m) または gf(2,x.m,x.prim_poly) です。ゼロの対数は未定義なため、x のすべての要素は非ゼロでなければなりません。

下記のコードは、対数演算が指数演算の逆であることを示します。

m = 4; x = gf([8 1 6; 3 5 7; 4 9 2],m);
y = log(x);
primel = gf(2,m); % Primitive element in the field
z = primel .^ y; % This is now the same as x.
ck = isequal(x,z)

出力は以下のようになります。

ck =

     1

下記のコードには、1 の対数は 0 であり、基底 (primel) の対数は 1 であることが示されています。

m = 4; primel = gf(2,m);
yy = log([1, primel])

出力は以下のようになります。

yy =

     0     1

参考

R2006a より前に導入