最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

gen2par

パリティ チェック行列と生成行列間の変換

構文

parmat = gen2par(genmat)
genmat = gen2par(parmat)

説明

parmat = gen2par(genmat) は、標準形式のバイナリ生成行列 genmat を対応するパリティ チェック行列 parmat に変換します。

genmat = gen2par(parmat) は、標準形式のバイナリ パリティ チェック行列 parmat を対応する生成行列 genmat に変換します。

次の表は、[n,k] バイナリ線形ブロック符号に対する生成行列とパリティ チェック行列の標準形式をまとめています。

行列の種類標準形次元
生成行列[Ik P] または [P Ik]k 行 n 列
パリティ チェック行列[-P' In-k] または [In-k -P' ](n-k) 行 n 列

.

ここで、Ik はサイズ k の単位行列で、' シンボルは行列転置を示します。著者により慣例が異なるため、2 つの標準形式が各タイプに対して表示されます。"2 値" 符号に対して、上記のパリティ チェック形式のマイナス符号は意味がありません。つまり、バイナリ フィールドでは -1 = 1 です。

すべて折りたたむ

ハミング符号のパリティ チェック行列を対応する生成行列に変換し、再度パリティ チェック行列に変換します。

パリティ チェック行列を作成します。

parmat = hammgen(3)
parmat = 3×7

     1     0     0     1     0     1     1
     0     1     0     1     1     1     0
     0     0     1     0     1     1     1

パリティ チェック行列を対応する生成行列に変換します。

genmat = gen2par(parmat)
genmat = 4×7

     1     1     0     1     0     0     0
     0     1     1     0     1     0     0
     1     1     1     0     0     1     0
     1     0     1     0     0     0     1

生成行列を再度変換して元に戻します。出力 parmat2 は、元の行列 parmat と同じになるはずです。

parmat2 = gen2par(genmat)
parmat2 = 3×7

     1     0     0     1     0     1     1
     0     1     0     1     1     1     0
     0     0     1     0     1     1     1

R2006a より前に導入