Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

Descrambler

入力信号のデスクランブル

  • ライブラリ:
  • Communications Toolbox / Sequence Operations

  • Descrambler block

説明

Descrambler ブロックは、スカラーまたは列ベクトル入力信号のスクランブルを解除します。Descrambler ブロックは Scrambler ブロックの逆です。送信機で Scrambler ブロックを使用する場合、関連受信機で Descrambler ブロックを使用します。

以下の図は、デスクランブラーの操作を示しています。加算器と減算器は剰余 N の演算を行います。ここで N は [Calculation base, Calculation baseCalculation baseCalculation base] パラメーターで指定される値です。

タイム ステップごとに、入力により、レジスタの内容が順にシフトします。Scramble polynomial, Scramble polynomialScramble polynomialScramble polynomial パラメーターを使用して、デスクランブラー内の各スイッチのオン/オフ状態を指定します。Descrambler ブロックで Scrambler ブロックの操作を逆に行うには、両方のブロックで同じパラメーター設定を使用します。Scrambler ブロックと Descrambler ブロックの間に信号遅延がない場合は、2 つのブロック間の [Initial states] が同じでなければなりません。

反復可能な初期デスクランブラーの条件を実現するため、以下の入力端子のいずれかを使用できます。

このブロックは、シミュレーション中に長さが変化する入力シーケンスを受け入れることができます。長さが変わるシーケンスの詳細については、可変サイズの信号の基礎 (Simulink)を参照してください。

端子

入力

すべて展開する

入力信号。NS 行 1 列のベクトルとして指定します。NS は、入力信号中のサンプルの数を示します。入力値は、0 から Calculation base, Calculation baseCalculation baseCalculation base1 の整数でなければなりません。

データ型: double

スクランブラーをリセットします。スカラーとして指定します。非ゼロの入力が端子にかけられたときにスクランブラーがリセットされます。

依存関係

この端子を有効にするには、Initial states source, Initial states sourceInitial states sourceInitial states source[Dialog Parameter] に設定し、Reset on nonzero input via port, Reset on nonzero input via portReset on nonzero input via portReset on nonzero input via port を選択します。

シミュレーションが開始するときのデスクランブラーのレジスタの初期状態。非負の整数ベクトルで指定します。[ISt] の長さは、Scramble polynomial, Scramble polynomialScramble polynomialScramble polynomial パラメーターの次数と同じでなければなりません。ベクトル要素の値は、0 から Calculation base, Calculation baseCalculation baseCalculation base1 の整数でなければなりません。

依存関係

この端子を有効にするには、Initial states source, Initial states sourceInitial states sourceInitial states source[Input port] に設定します。

出力

すべて展開する

デスクランブルしたデータを出力します。NS 行 1 列のベクトルとして返されます。NS は、入力信号中のサンプルの数と等しくなります。

データ型: double

パラメーター

すべて展開する

剰余演算のデスクランブラーで使用される計算ベース。非負の整数で指定します。このブロックの入力と出力は、0 から [Calculation base]1 の整数です。

デスクランブラー内の接続を定義する多項式。文字ベクトル、整数ベクトル、またはバイナリ ベクトルとして指定します。[Scramble polynomial] パラメーターは、デスクランブラーの各スイッチがオンまたはオフであるかを定義します。多項式を以下のように指定します。

  • '1 + z^-6 + z^-8' などの文字ベクトル。この方法で多項式を指定する詳細については、多項式の文字表現を参照してください。

  • [0 -6 -8] などの整数ベクトル。z-1 の降べきの順でデスクランブラーの係数をリストします。ここで、p(z-1) = 1 + p1z-1 + p2z-2 + ... のようになります。

  • [1 0 0 0 0 0 1 0 1] などのバイナリ ベクトル。1 の係数で多項式に現れる z のべき乗をリストします。この場合は、デスクランブル多項式の次数は、バイナリ ベクトルの長さよりも 1 つ少なくなります。

例: '1 + z^-6 + z^-8'[0 -6 -8]、および [1 0 0 0 0 0 1 0 1] は、すべて以下の多項式を表します。

p(z-1) = 1 + z-6 + z-8

シミュレーションが開始するときのデスクランブラーのレジスタの初期状態。非負の整数ベクトルで指定します。[Initial states] の長さは、Scramble polynomial, Scramble polynomialScramble polynomialScramble polynomial パラメーターの次数と同じでなければなりません。ベクトル要素の値は、0 から Calculation base, Calculation baseCalculation baseCalculation base1 の整数でなければなりません。

依存関係

このパラメーターは、Initial states source, Initial states sourceInitial states sourceInitial states source[Dialog Parameter] に設定されているときに使用可能です。

入力端子 Rst を使用して Descrambler ブロックをリセットするには、このパラメーターを選択します。

依存関係

このパラメーターは、Initial states source, Initial states sourceInitial states sourceInitial states source[Dialog Parameter] に設定されているときに使用可能です。

ブロックの特性

データ型

Boolean | double | integer

多次元信号

なし

可変サイズの信号

なし

拡張機能

C/C++ コード生成
Simulink® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

参考

ブロック

オブジェクト

R2006a より前に導入