Main Content

同期と受信機の設計

搬送波周波数と位相の再生、タイミング周波数と位相の再生、AGC、I/Q 不均衡の補正、および位相同期回路

AGC、I/Q 不均衡の補正、DC ブロッキング、タイミングおよび搬送波の同期を含むフロントエンド受信機コンポーネントと同期コンポーネントをモデル化およびシミュレーションします。

関数

iqcoef2imbal補償器係数の、振幅と位相の不均衡への変換
iqimbal2coefI/Q 不均衡の補償器係数への変換
channelDelayチャネルのタイミング遅延 (R2020a 以降)
ofdmChannelResponseCalculate OFDM channel response (R2023a 以降)

オブジェクト

comm.AGC一定の信号レベル出力を得るために適応的にゲインを調整する
comm.CarrierSynchronizer搬送波周波数オフセットの補正
comm.SymbolSynchronizerシンボル タイミングのクロック スキューの補正
comm.PreambleDetectorデータのプリアンブルの検出
comm.CoarseFrequencyCompensatorPAM、PSK、または QAM 信号の周波数オフセットの補正
comm.IQImbalanceCompensatorIQ 不平衡の補正
comm.DiscreteTimeVCO可変周波数正弦波を生成する
comm.GMSKTimingSynchronizer4 次非線形性法を使用したシンボル タイミング位相の再生
comm.MSKTimingSynchronizer4 次非線形性法を使用したシンボル タイミング位相の再生

ブロック

AGC一定の信号レベルの出力を得るために適応的にゲインを調整する
Carrier Synchronizer搬送波周波数オフセットの補正
Symbol Synchronizerシンボル タイミングのクロック スキューの補正
Preamble Detectorデータ パケットのプリアンブルの検出
Coarse Frequency CompensatorPAM、PSK または QAM の搬送波周波数オフセットの補正
I/Q Compensator Coefficient to Imbalance補償器係数を振幅と位相の不均衡に変換
I/Q Imbalance Compensator 同相成分と直交成分の間の不均衡の補正
I/Q Imbalance to Compensator Coefficient振幅と位相の不均衡を I/Q 補正器係数に変換
MSK-Type Signal Timing Recovery4 次非線形性法を使用したシンボル タイミング位相の再生
OFDM Channel ResponseCalculate OFDM channel response (R2023a 以降)

トピック

MATLAB

Simulink

  • MSK 信号再生
    このモデルでは、最小偏移変調 (MSK) 信号のタイミング位相オフセット、搬送波周波数オフセット、搬送波位相オフセットなどのチャネル劣化要因をモデル化する方法を説明します。