Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

Source Coding

信号の処理形式への変換

典型的なパーティション、特定のコードブック マッピング、圧縮、拡張、圧伸、および量子化に従って、さまざまな情報源符号化を適用して信号の形式を変換します。

関数

arithdeco算術復号化による 2 値符号の復号化
arithenco算術符号化によるシンボルのシーケンスの符号化
compandμ 則または A 則圧縮器/伸張器による情報源符号化
dpcmdeco差分パルス符号変調を使った復号化
dpcmenco差分パルス符号変調を使った符号化
dpcmopt差分パルス符号変調パラメーターの最適化
huffmandecoハフマン復号化による 2 値符号の復号化
huffmandict既知の確率モデルの対応するハフマン符号ディクショナリを生成
huffmanencoハフマン符号化によるシンボルのシーケンスの符号化
lloydsロイド アルゴリズムを使用した量子パラメーターの最適化
quantiz量子化インデックスと量子化された出力値を作成

オブジェクト

comm.DifferentialDecoder差動復号化によるバイナリ信号の復号化
comm.DifferentialEncoder差動符号化によるバイナリ信号の符号化

ブロック

A-Law Compressor情報源符号化用に A 則圧縮器を実装
A-Law Expander情報源符号化用に A 則伸張器を実装
Differential Decoder差動符号化を使用して、バイナリ信号を復号化
Differential Encoder差動符号化によるバイナリ信号の符号化
Mu-Law Compressor情報源符号化用に µ 則圧縮器を実装
Mu-Law Expander情報源符号化用に µ 則伸張器を実装
Quantizing Decoderコードブックに従い、量子化インデックスを復号化する
Quantizing Encoder分割およびコードブックを使用して信号を量子化する

トピック

Source Coding

スカラー量子化は、指定した範囲内のすべての入力を共通の値に割り当てるプロセスです。

Quantize and Compand an Exponential Signal

When transmitting signals with a high dynamic range, quantization using equal length intervals can result in loss of precision and signal distortion. Companding is a operation that applies a logarithmic computation to compress the signal before quantization on the transmit side and applies an inverse operation to expand the signal to restore it to full scale on the receive side. Companding avoids signal distortion without the need to specify many quantization levels. Compare distortion when using 6-bit quantization on an exponential signal with and without companding. Plot the original exponential signal, the quantized signal and the expanded signal.

差分パルス符号変調

差分パルス符号変調 (DPCM) とそれを予測量子化法として使用する方法についての学習。

量子化

スカラー量子化は、指定した範囲内のすべての入力を共通の値に割り当てるプロセスです。